格安SIMが月額110円!? 2023年1月スタートの「新世界モバイル」って何?

ここ数年でスマホの月額料金はグッと安くなりました。ahamoやLINEMOなら20GBでも月額3,000円以下、povo 2.0は基本料無料で利用できます。また、格安SIMの日本通信では月額290円から利用できるプランも用意されています。そんななか、月額110円から利用できる格安SIM「新世界モバイル」が2023年1月からサービスを開始します。いったいどのような格安SIMなのでしょうか?

「新世界モバイル」ってどんな格安SIMなの?

ESG コンサルティングを主軸とするFOSCHIA JAPAN(フォスキアジャパン)は、格安SIMサービス「新世界モバイル」を2023年1月1日から開始すると発表しました。

新世界モバイルは、ドコモ回線を利用した格安SIM(MVNO)サービスで、5GB/24GB/30GB/40GB/120GBの5つのプランを用意しており、データ専用、データ+SMS、音声通話の3タイプが選べます。

音声付き月5GBで1,760円はさほど安くありませんが、月24GB以上の大容量プランを提供している格安SIMは少なく、とくに月120GBで5,346円はほかではあまり見ないお得なプランとなっています。

新世界モバイルのSIMプラン表(Image:shinsekai-mobile.com)

こちらが新世界モバイルの料金プラン。月5GBで1,760円はさほど安くはないが、月24GB以上の大容量プランはなかなかお得だ(画像は新世界モバイル公式サイトより転載)

また、新世界モバイルの音声通話料は22円/30秒ですが、音声通話プランの通話無料オプションも用意されています。

5分かけ放題、15分かけ放題、30分かけ放題、フルカケホ(無制限)の4種類がありますので、スマホでの通話が多い人はオプションを追加したほうがお得でしょう。

■音声通話無料オプション

・5分かけ放題   月額770円
・10分かけ放題 月額1,375円
・30分かけ放題 月額2,178円
・フルカケホ  月額2,200円

ほかにも、新世界モバイルでは割込通話が月額330円、留守番電話が月額330円、明細は1カ月分330円で提供されます。

なお、新世界モバイルのデータ通信速度は下り最大500Mbps、上り最大50Mbpsです。月間利用データ通信量を超えた場合の通信速度は、最大200kbpsに制限される点には注意しましょう。

●新世界モバイルは→こちら

月額110円で利用できるのは最初の3カ月間のみ!

FOSCHIA JAPANでは「新世界誕生110周年を記念し、新世界モバイルの新規加盟者は、最初の3カ月間はどのプランでも月々税込110円でご利用いただけるキャンペーンを実施します」としています。

つまり、このキャンペーンにより新規加入者は月120GBプランであっても最初の3カ月間は月額110円(税込)で利用できることになります。これはかなりお得ですね。

ただし、音声通話付SIMの最低利用期間は12カ月間となっており、もし、12カ月以内に解約すると解約事務手数料が6,600円発生するほか、2022年7月以降の契約者は解約月の「SIMカード基本料金+オプション料金」1カ月分の支払いが必要となる点には注意しましょう。

ちなみに、1年間音声通話付120GBプランを利用した場合、当初の3カ月は月額110円、その後9カ月間は月額5,346円となりますので、平均すると1年間は月額4,037円で利用できる計算になります。

■1年間音声通話付120GBプランを利用した場合の平均月額料

【1】1-3カ月:110円×3カ月=330円
【2】4-12カ月:5,346円×9カ月=4万8,114円
【1】【2】÷12=4,037円(1カ月平均)

大阪の下町「新世界」をイメージした新世界モバイル(Image:shinsekai-mobile.com)

大阪の下町「新世界」をイメージした新世界モバイル。新世界110周年を記念したキャンペーンで、新規契約者は3カ月間110円で利用できる(画像は新世界モバイル公式サイトより転載)

格安SIMが月額110円!? 2023年1月スタートの「新世界モバイル」って何?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidスマホAndroid格安SIMiPhoneドコモMVNO新世界モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。