コスパ抜群!SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」を実際に使ってみた – ANC対応ワイヤレスイヤホン

格安でも高性能なイヤホンメーカーとして有名なSOUNDPEATS(サウンドピーツ)から、2022年12月26日に、完全ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホン「Capsule3 Pro」が発売されました。SOUNDPEATSの最新のスティック型ANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)対応モデルということで、編集部ではさっそく実際に視聴してみました。果たしてCapsule3 Proは買いなのでしょうか?

Capsule3 Proは1万円以下で買えるANC対応ハイレゾ・ワイヤレスイヤホン

「SOUNDPEATS(サウンドピーツ)」は、最近Amazonでの販売を中心に存在感を増してきている格安なイヤホンメーカーです。

首からかけて磁石でくっつくBluetoothワイヤードイヤホン「Q30」シリーズが爆発的にヒットしたので、ご存じの方も多いかもしれません。

現在は、完全ワイヤレスイヤホンにも力を入れていて、2022年12月26日に、ANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)機能を搭載したハイレゾ対応の「Capsule3 Pro」が投入されました。

価格はAmazonで8,480円、ノイキャン搭載機としては格安値クラスになります。今回はいち早くこの最新モデルCapsule3 Proを入手して、実際に筆者が使用して評価したいと思います。

●Amazon(SOUNDPEATS Capsule3 Pro)は→こちら
●Amazonクーポンコード(5%OFF)は:OTONALIFE
※2022年12月26日~2023年1月2日まで有効

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」

こちらがCapsule3 Pro。フタが開ききった状態からBluetoothの接続が始まるので、一度をペアリング設定を行えばサクッとつながる(筆者撮影)

Capsule3 Proは最大約52時間の長時間使用が可能!

Capsule3 Proは、初代AirPodsのようにイヤーピース部分と細長いパーツが組み合わさった形状です。本体は大きめで大容量バッテリーを搭載していることもあり、本体だけでも約8時間の連続使用が可能です。

さらにケースのバッテリーを利用することで、最大約52時間もの長時間使えるとのこと。丸2日以上バッテリーの心配をしなくていいので、通勤・通学でも使いやすいですね。

イヤホンには細長くつまみやすい部分があるので、耳に入れた後にぐるっと回してベストポジションに安定させやすく、装着感もアップします。さらにイヤーピースがピタッとハマれば遮音性もバッチリでしょう。

実際に筆者がCapsule3 Pro装着

実際に筆者がCapsule3 Pro装着してみたところ。イヤホンはつまみやすく、耳に入れたあとベストポジションに安定させやすい(筆者撮影)

Bluetoothのコーデックは、現在の最上位システムであるLDACコーデックに対応しており、日本オーディオ協会の認証を受けたハイレゾ音源にも問題なく対応することが可能です。さらに、左右にタッチコントロールが搭載されているので、視聴中の操作も簡単です。

また、Capsule3 Proはハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、ノイズキャンセル用のマイクは通常のマイクとしても利用可能で、オンラインミーティングなどでも重宝します。

■Capsule3 Proの外観をチェック!

Capsule3 Proの外観をチェック1

Capsule3 Proのケースは楕円形をやや潰したような形状(上写真)。フタを全開にするとその位置でキープしてくれる。バネが入っているので軽い力で開閉できて、フタを開けると自動で電源が入る(下写真)(筆者撮影)

Capsule3 Proの外観をチェック2

Capsule3 Proは初代AirPodsのように、イヤーピースと細長い部分が組み合わさった形状。イヤホン自体が大きめなので単体で連続8時間も使用できる(筆者撮影)

Capsule3 Proの外観をチェック3

Capsule3 Proのタッチセンサーはこの部分になる。操作はシングル、ダブル、トリプルタップと1.5秒、2秒のロングタップの5種類を使い分けられる(筆者撮影)

コスパ抜群!SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」を実際に使ってみた – ANC対応ワイヤレスイヤホンのページです。オトナライフは、【デバイスワイヤレスイヤホンCapsule3 ProMini Pro HSSOUNDPEATS】の最新ニュースをいち早くお届けします。