FODプレミアム2022年の人気作品は? アニメ部門はマイナカードにも起用されたあの作品!

放送中の最新作から過去の名作まで、フジテレビ作品が楽しめる「FODプレミアム」。映画やドラマ、アニメ、バラエティなど、8万本以上の豊富なラインナップが見放題のほか、対象の漫画や雑誌も読み放題となっているサービスだ。

今回は、そんなFODプレミアムで、2022年に多く視聴された作品をランキング形式でご紹介。この1年どのような作品が人気を集めたのか、ランキングをチェックしながら一緒に振り返っていこう。

国内ドラマ部門のトップは、切なくも温かいラブストーリー

FODプレミアムは2022年12月23日、ジャンル別視聴・購読ランキング「FODプレミアム2022年 人気作品ランキング」を発表した。国内ドラマや国内映画、バラエティ、アニメ、アジアドラマにおいて最も多く視聴された作品と、最も多く読まれたマンガのランキングトップ10を公開。今回はその中から国内ドラマとアニメのトップ3を紹介しよう。

まずは国内ドラマランキングから。

silent

2022年10月にスタートした「silent」(画像は「FODプレミアム」公式サイトより引用)

第1位は2022年10月にスタートした「silent」。かつて本気で愛した人と音のない世界で出会い直す、切なくも温かいラブストーリーだ。初回放送日からTwitterのトレンドで1位を獲得し、フジテレビ史上最速で見逃し配信160万回を突破した作品。最愛の人を思い続ける女性と、若くして難病を発症した男性。別れてから8年後に再会を果たし、待ち受ける厳しい現実に立ち向かいながらも寄り添って生きていく2人に、多くの視聴者が涙している。

ミステリと言う勿れ

(画像は「FODプレミアム」公式サイトより引用)

第2位は2022年1月期に放送された「ミステリと言う勿れ」。変わり者のでおしゃべりの大学生が、巻き込まれた事件の謎だけでなく人の心も解きほぐしていく新感覚のミステリーだ。累計発行部数1300万部を突破している人気コミック「ミステリと言う勿れ」が原作となっており、2023年秋に映画版の公開も決定している。ひたすらしゃべり続ける主人公のトークは、一見屁理屈のようにも感じるが、観ている人に勇気を与えてくれるような言葉が数多く飛び出す。ミステリーと会話劇が融合したストーリーは、多くの人をとりこにさせた。

コンフィデンスマンJP

(画像は「FODプレミアム」公式サイトより引用)

第3位は2018年4月に放送がスタートした「コンフィデンスマンJP」。1、2位と新作が続くなか、3位は過去作のランクインとなった。年齢不詳・正体不明・規格外で無軌道なコンフィデンスウーマンをはじめとする詐欺集団が、金の亡者たちからあらゆる手段を使って金を巻き上げようとするストーリー。どのようなトリックを使ってターゲットから金を奪うのか、抜群のチームワークと予想もつかない騙し合いは、視聴者の目をくぎ付けにした。

FODプレミアム2022年の人気作品は? アニメ部門はマイナカードにも起用されたあの作品!のページです。オトナライフは、【動画・音楽定額動画配信FOD】の最新ニュースをいち早くお届けします。