【Mac】初期化(工場出荷状態)できないときの原因と対処法!

新しいMacを購入する際、古いMacを下取りに出したり、リサイクルショップで売りに出したりしますが、古いMacを手放す際に必ず行わなければならないのがMacの初期化です。しかしMacの初期化ができず、古いMacを処分できない場合があります。

Macを初期化できないときの対処法を詳しく解説します。

【Mac】初期化が必要なときは?

【Mac】初期化が必要なときは?(Image:cypopcolour / Shutterstock.com)

Macを初期化するとは、すべてをリセットして工場出荷状態に戻すことを言います。Macを購入して定期的にMacを初期化する必要はありません。しかし初期化の必要性が生じることがあるので、Macを初期化する方法を知っておくことは重要です。

この記事ではMacを初期化する方法については説明しませんが、Macの初期化に失敗する場合の原因と対処法を詳しく紹介します。

Macの初期化に失敗する原因はいくつかありますが、失敗する原因について解説する前に、Macを初期化する必要性が生じるのはどのようなときかをまずおさらいします。

Macの初期化の必要性

Macを初期化する必要性が生じるのは、Macを売却したり友人などに譲渡したりするときです。Macを初期化しないと、パスコードを知らない新しいMacの所有者はロック解除してMacを使えないので、初期化の必要性が生じます。

またMacにはプライベートな写真、動画、ファイルが保存されているので、新しいMacの所有者の手に渡らないようにするため、初期化の必要性が生じます。

さらにMacはApple IDと紐づけられているため、大切な個人情報を盗まれ悪用されないためにも、初期化の必要性が生じます。Macを初期化する必要性が生じる状況はもう1つあります。

Macに不具合やエラーが生じたときや、ウイルスに感染したときです。Macは初期化されるとすべての設定がリセットされるので、修正できなかった不具合やエラーが改善されます。ウイルスに感染した場合も、初期化すれば問題が修正されます。

【Mac】初期化できない/失敗する原因

Macを初期化する必要性が生じ、初期化しようとしても初期化に失敗する場合があります。どのようなことが原因で初期化に失敗するのか、これから初期化に失敗する場合に考えられる原因を7つ紹介します。

【原因①】通信環境の問題

Macの初期化に失敗する場合に考えられる最初の原因は、インターネットの通信環境が悪いことです。Macの初期化は2つの部分で構成されます。Macintosh HDの消去とmacOSの再インストールです。

Macintosh HDの消去はインターネットがなくても行えますが、macOSの再インストールはインターネットがなければ行えません。macOSの再インストールには時間がかかります。

インターネットの通信環境が悪く、通信速度が十分でなければ、初期化に時間がかかるだけでなく、初期化そのものが行えなくなります。

【原因②】OSのバージョンが最新でない

Macの初期化に失敗する場合に考えられる別の原因は、Macに搭載されているmacOSのバージョンが最新の状態にバージョンアップされていないことです。

最新のmacOSにバージョンアップするだけで問題が修正され、初期化が行われるようになるケースもあります。

【原因③】管理者権限でログインしていない

Macの初期化に失敗する場合に考えられる3つ目の原因は、管理者の権限を譲渡されていないアカウントでMacにログインしていることです。Macの初期化が行えるのは、Macの管理者権限を持つユーザーだけです。

同じMacを家族や職場で共有している場合、複数人のアカウントを作成しMacを使用しますが、ログインしているユーザーアカウントが管理者権限を持つものかどうかをぜひ確認しましょう。

【原因④】タイムゾーン時刻設定が正しくない

Macの初期化に失敗する場合に考えられる4つ目の原因は、Macの時刻設定に問題があることです。Macを頻繁に使っておらず、使っていない期間が長いと、Macのタイムゾーン時刻設定にズレが生じ、初期化に失敗する場合があります。

【原因⑤】容量不足

Macの初期化に失敗する場合に考えられる5つ目の原因は、Macの内部ストレージに十分な空き容量がないことです。多くのアプリや動画を入れていると、空き容量がわずかしかなく、初期化に失敗する場合があります。

【原因⑥】NVRAMのデータエラー

Macの初期化に失敗する場合に考えられる6つ目の原因は、NVRAMのデータエラーです。

NVRAMとは、Macのハードウェアのデータを保存する特別なメモリのことで、ハードウェアのデータに素早くアクセスさせることを主な目的に搭載されています。NVRAMが記憶しているデータに問題があると、初期化に失敗する場合があります。

【原因⑦】ディスクユーティリティーのエラー

Macの初期化に失敗する場合に考えられる7つ目の原因は、ディスクユーティリティーのエラーです。ディスクユーティリティとは、macOSに搭載されているハードディスク管理ツールのことです。

特定のmacOSでたくさんのHDDを初期化したり、マスタープードレコード方式のHDDでフォーマットされていないパーティションを初期化したりすると、フォーマットのエラーが出て初期化に失敗します。

【Mac】初期化(工場出荷状態)できないときの原因と対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook Pro初期化Macの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。