Macでログインできないときの原因と対処法!

iPhoneやiPadと同様に、Macもログインパスワードを入力しないと、ロック解除してホーム画面を立ち上げることはできません。そのためログインパスワードを忘れないようにすることは非常に重要です。ところがログインパスワードは合っているのにログインできないことがあります。Macでログインできないときの対処法を解説します。

Macでログインできない原因

Apple製品は他社のデバイスに比べセキュリティが高いことで知られています。見知らぬ第三者が勝手に他人のMacにアクセスして個人情報を閲覧したり、盗んだりしないようにするため、ログインパスワードの入力を求められます。

6桁のログインパスワードの入力を間違い続けると、最終的にロック解除ができなくなるため、ログインパスワードを忘れないようにする必要があります。

ログインパスワードはロック解除だけでなく、設定の変更をする際にも入力が必要になります。6桁のログインパスワードを正しく入力すればロック解除は通常行えますが、ロック解除してログインできない場合があります。

この記事では、Macでログインできない原因とその対処法を詳しく解説します。Macでログインできない場合に考えられる原因は3つあります。

【原因①】パスワードが間違っている

Macでログインできない場合に考えられる最初の原因は、ログインパスワードが間違っていることです。ログインパスワードが1つでも間違っていると、ロック解除してログインできなくなります。

誰にも分からない6桁のパスワードを設定するため、数字、大文字、小文字、記号などを織り交ぜている場合、大文字と小文字が間違っているとログインできないので注意が必要です。

【原因②】パスワードが合っている場合はcaps lockが点灯している

Macでログインできない場合に考えられる別の原因は、caps lockが点灯していることです。caps lockが点灯していると、パスワードが合っている場合でもログインできなくなる可能性があります。

caps lockはMacのキーボードの中にあるキーで、場所は「option」キーの左、「shift」キーの下になります。caps lockは「Capital letters」の頭文字を繋げたもので、英字入力の大文字と小文字の切り替えを行うためのキーです。

caps lockキーが点灯し緑色のライトが付くと、入力する英字はすべて大文字になります。

ログインパスワードがすべて小文字の英字で構成されている場合、caps lockキーが点灯し緑色のライトが付いた状態でログインパスワードを入力すると、すべて大文字で入力されてしまいます。

そのため入力したパスワードは合っているものの、ログインできなくなります。

【原因③】キーボードがこわれている

Macでログインできない場合に考えられる原因はもう1つあります。Macのキーボードがこわれていることです。キーボードが全体として壊れているケースもありますが、特定のキーがこわれて入力できないケースもあります。

また、システム上の不具合が生じているために、キーボードが反応しないケースもあります。ログインパスワードはキーボードを使わなければ入力できないので、キーボードに問題があればログインできません。

Macでログインできないときの原因と対処法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMacMacBookMacBook ProMacの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。