Google Chrome「メモリ節約」モードの使い方 – メモリを最大40%も節約できる

パソコンでは圧倒的なシェアを誇るWebブラウザアプリのGoogle「Chrome(クローム)」ですが、タブをたくさん開くとメモリを消費して、パソコンの動作が重くなってしまいます。そのようなときはChromeのVer.108から搭載された「メモリ節約モード」を試してみてください。今回はGoogle Chromeのメモリ節約モードの使い方を紹介しますが、合わせてVer.108で新たに搭載された「省エネモード」についても紹介します。

Chrome(Ver.108)でメモリを最大40%も節約できるモードを搭載

今やパソコンで圧倒的なシェアを誇る、GoogleのWebブラウザアプリ「Chrome(クローム)」ですが、意外とパソコンのメモリを消費していることをご存じでしょうか?

編集部の調査ではライバルのFirefoxより10%ほどChromeのほうがメモリの消費率が多かったのです。詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

そのようななか、Googleはデスクトップ版Webブラウザ「Chrome(Ver.108)」において、メモリの消費を最大40%も抑える機能を、2022年12月から実装しました。

この「メモリ節約(Memory Saver)モード」は、閲覧しているWebサイトのうち、使用していないタブのメモリを個別に解放でき、最大40%(10GBのメモリ)も節約できるというものです。

Google Chrome(Image:monticello / Shutterstock.com)

パソコンでは圧倒的なシェアを誇るGoogle「Chrome」。しかし、タブをたくさん開いていると、想像以上にメモリを消費している

また、ChromeのVer.108では同時に「省エネ(Energy Saver)モード」も搭載されており、こちらはノートパソコンのバッテリー残量が少なくなったときに、稼働時間を伸ばすためのモードとなっています。

具体的には、ChromeでWeb閲覧しているときにバッテリー残量が20%以下になると、バックグラウンドのアクティビティや、アニメーションなどの視覚効果を制限して、バッテリーを節約できるとのこと。

そこで今回は、Google Chrome(Ver.108)で実装された2つのモードをどう使えばいいのか、Windows 11のノートパソコンを使用して紹介しましょう。

●Chrome Developers「What developers need to know about Chrome’s Memory and Energy Saver modes」は→こちら(英文)

Chrome Developers

こちらがChrome Developersのブログ。Chrome(Ver.108)のバッテリーを節約し、Webブラウジングをスムーズにする新機能について解説している(画像はChrome Developers公式サイトより転載)

Chromeのバージョンを確認する手順

Chromeのバージョンを確認する手順1

最初にChromeのバージョンが「108」以上かどうか確認しよう。まず、Chromeを開いたら、画面右上の「…」をクリックし、メニューから「設定」を選択する

Chromeのバージョンを確認する手順2

設定画面が開いたら左下の「Chromeについて」をクリックすると、Chromeのバージョンが確認できる。ここが「108」以上であればOK

メモリ節約モード(Memory Saver)の使い方を解説!

それでは実際に「メモリ節約モード」を使う方法を紹介しましょう。

まず、Chromeを起動して複数のタブを開いた状態にしたら、新規でタブを開いて、アドレスバーに「chrome://discards」と入力します。

すると、メモリ節約モードの設定画面が表示されますので、画面右側にある「Action」の「Urgent Discard」をクリックしましょう。これで「Urgent Discard」にしたタブは、メモリ節約モードに入ります。

もちろん、「Urgent Discard」にしたタブを再び開くと、また「Load」に戻って普通に閲覧できるようになりますので、ぜひ試してみてください。

メモリ節約モードを設定する手順

メモリ節約モードを設定する手順1

まず、Chromeを開いて、アドレスバーに「chrome://discards」と入力すると、「Discard」画面が開く

メモリ節約モードを設定する手順2

しばらく開くことのないタブを選んで、右側に表示された「Action」で「Urgent Discard」をクリックしよう

メモリ節約モードを設定する手順3

すると、「Action」では「Urgent Discard」部分がグレーになり、「Loading State」は「unloaded」と表示されるはずだ。これで、指定したタブのメモリが節約できる

Google Chrome「メモリ節約」モードの使い方 – メモリを最大40%も節約できるのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle ChromeブラウザメモリChromeGoogle Chromeの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。