【Mac】「YouTube」を見られないときの原因と対処法を解説!

MacでYouTubeを開いて動画を再生しようとしたら、再生できないという経験をしたことはないでしょうか。YouTubeは今では生活に欠かせないサービスなので、動画の再生ができないのは大問題です。MacでYouTubeを見られないときの対処法を紹介します。

【Mac】「YouTube」を見られないときの原因

【Mac】「YouTube」を見れないときの原因(Image:soul_studio / Shutterstock.com)

毎日YouTubeの動画を楽しみにしているユーザーはたくさんいます。多くの人はスマホの「YouTube」アプリで動画を視聴していますが、大画面で動画を見られるメリットのため、MacでYouTubeを楽しんでいる人もたくさんいます。

MacでYouTubeの動画を視聴している人の中には、「Safari」を開いてWeb版YouTubeにアクセスし、動画を見ている人もいれば、「YouTube」アプリをインストールして動画を見ている人もいます。

視聴方法がWebかアプリかに関係なく、MacでYouTubeの視聴ができないことがあります。この記事ではMacでYouTubeの動画を視聴できない場合に考えられる原因とその対処法を紹介します。

MacでYouTubeの動画を視聴できない場合に考えられる原因は4つあるので、これから順番に紹介します。

【原因①】インターネット環境/通信環境の問題

考えられる最初の原因は、インターネットの通信環境が悪いことです。

Macの場合、自宅だけでなくレストランやカフェなどのフリーWi-Fiに接続してYouTubeを見る場合もありますが、同じWi-Fiをたくさんの人が使用する状況では、十分な通信速度が維持できず、動画を視聴できない場合があります。

【原因②】Mac端末の性能不足

考えられる2つ目の原因は、Macの性能不足です。YouTubeで動画を再生するにはそれなりのデータ処理能力が必要になりますが、CPUやメモリが小さく、動画の視聴に十分な処理スピードを提供できていないと、動画の視聴はできません。

また、たくさんのアプリやソフトを起動させていると、メモリが処理できずYouTubeの動画を再生できなくなる場合もあります。

【原因③】Safariなどの設定の問題

考えられる3つ目の原因は、YouTubeを見るために使っている「Safari」の設定に問題があることです。とくにMacを家族で共有している場合、子どもが不適切なコンテンツにアクセスしないように設定している場合があります。

そのためYouTubeを開いて動画を視聴できないかもしれません。

【原因④】YouTubeアプリに問題がある

考えられる4つ目の原因は、「YouTube」アプリに何らかの問題が発生していることです。キャッシュが溜まりすぎて動画の再生を妨害したり、アプリに不具合が生じていたりする可能性もあります。

【Mac】「YouTube」を見られないときの原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeMacMacBookMacBook ProYouTubeの使い方Macの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。