もはや三種の神器、スマホにインストールしているアプリTOP3とは?【MMD研究所調べ】

スマートフォンとガラケーとの画期的な違いといえば「アプリ」の存在だろう。MMD研究所の「スマートフォン利用者実態調査」によると、プリインストールアプリを除くと、スマートフォンにインストールしているアプリの平均は19.3個であるという。今回はインストールしている「アプリの種類」ランキングについてもお伝えしていこう。

インストールしているアプリの平均は19.3個

スマホにインストールしているアプリ数

購入時にインストールされているアプリを除くと、平均19.3個のアプリがメインのスマートフォンにインストールされている(「MMD研究所」調べ)

MMD研究所は2022年12月9日〜10日、スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女2,231人に「2022年版:スマートフォン利用者実態調査 第2弾」を実施。1月13日発表の調査結果によると、スマートフォンにインストールしているアプリの平均は19.3個だった。

当調査は、株式会社フォリウムが提供するスマートフォン向けインターネットリーチサービス「スマートアンサー」と共同で行われた。購入時にインストール済のものを除き、メインで利用しているスマートフォンにインストールしている「アプリの数」を尋ねたところ、最も多かったのは「16~20個」で14.3%だった。ついで「6〜10個」が13.4%、3位は「11〜15個」で13.2%という結果となった。

昨年と比べて利用が増えたサービス1位は「動画配信サービス」

インストールしているアプリの種類

「QRコード決済アプリ」「動画」「天気」アプリは、スマートフォンの過半数にインストールされている(「MMD研究所」調べ)

インストールしているアプリの種類を聞いたところ、1位に選ばれたのは「QRコード決済アプリ」の55.9%だった。2位に「動画」が55.4%、「天気」が51.6%と続く形となった。

昨年と比べて利用が増えたサービス

「動画配信サービス」が1位という結果には、納得の人も多いのではないだろうか(「MMD研究所」調べ)

さらに、昨年と比べて利用が増えたサービスを尋ねると、最も多かったのは「動画配信サービス」の17.1%だった。それにつぐのは「ネットショッピング」で13.2%、3位には「ゲーム」が続いている。

現在、月額料金を支払っている定額制動画配信サービス

「動画アプリ」のサブスクリプションでは「Amazon Prime Video」がダントツだ(「MMD研究所」調べ)

「動画アプリをインストールしている」と回答した1,235人を対象に、現在月額料金を支払って利用している定額制動画配信サービスを聞いたところ、最も利用が多かったのは「Amazonプライム・ビデオ」がダントツの28.5%という利用率を記録した。「Netflix」は11.6%を占め2位の座を確保し、3位には「U-NEXT」が3.9%で続く結果となった。

過半数のスマホユーザーにインストールされている「QRコード決済アプリ」「動画」「天気」アプリは、今やスマートフォンの「三種の神器」と称されても過言ではないだろう。今回の調査結果を参考に、お手持ちのスマホアプリを見直してみるのもよいかもしれない。

出典元: 2022年版:スマートフォン利用者実態調査 第2弾【MMD研究所

※サムネイル画像(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

もはや三種の神器、スマホにインストールしているアプリTOP3とは?【MMD研究所調べ】のページです。オトナライフは、【アプリアプリYouTubeQRコード決済NetflixAmazonプライム・ビデオ】の最新ニュースをいち早くお届けします。