YouTubeはすでに第6のキー局!? 地上波より動画サービス注視の傾向に【REVISIO調べ】

最近、チューナーレステレビが話題になったがとはいえ、まだまだ地上波は強いのか。マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングとテレビ視聴の注視データを取得するREVISIOが実施した『コネクテッドTV白書2023』によると、なんとテレビでYouTubeを見る時間が、複数のキー局を追い抜いたという衝撃の結果が出た。

過渡期の到来!? 日テレが強さを見せるも、YouTubeが3つのキー局を上回る結果に

テレビデバイスで1日あたり何分利用されているか

Amazonプライムビデオは「プライム会員」の多さも数字の理由か(「REVISIO株式会社、株式会社クロス・マーケティング」調べ)

コネクテッドTV(以下CTV)、つまりインターネットにつながるテレビが急速に普及している。スマートテレビはもちろん、いわゆる少し前に買った“普通のテレビ”でも、ストリーミングデバイスを接続することでインターネットに手軽に接続できるようになる。さまざまな動画配信サービスなどがテレビ画面で見られ、スポーツや映画など好きな番組を楽しみ、おうち時間の充実につなげている人も少なくないだろう。

今回、クロス・マーケティングとREVISIOが実施した共同研究では、動画サービス毎の視聴データや、2人以上で視聴する共視聴の傾向などが発表された。まず、CTVを利用している視聴者が「どのような動画サービスを見ているか」については、地上波の利用時間はAmazonプライム・ビデオNetflixなどのサブスクリプション型動画サービスと比べても顕著に長いことがわかる。

動画配信サービスがメジャーになってきたとはいえ、やはり地上波のテレビ番組の強さがうかがえる結果となった。

ただ、注目してほしいのは左から6番目、赤のグラフYouTubeの強さである。今回の研究の結果を見ると、TBS、フジテレビ、テレビ東京を追い抜き、実質テレビデバイスでよく見られている動画サービス第3位だ。2位のテレビ朝日との差もごくわずかである。スマホやタブレットではなく、ダイナミックな大画面でYouTubeを見る人が増えているのだ。

YouTubeを視聴する目的は実にさまざま。誰かと一緒に見るのはTVerが強い

YouTubeを視聴する目的

ユーチューバーなどの配信番組を見るときだけではなく、フィットネスのお手本にも大きな画面は便利だ

YouTubeも強いが見過ごせないのがTVerの強さだ。2人以上でテレビを視聴する動画サービスのアンケート回答での1位は、こちらも地上波だが、今回の研究では注視している、つまり、動画を集中して見ているかどうかの実測データでは、TVerが1位という結果に。TVerは、バラエティからドラマなど一緒に観ようと思えるコンテンツが豊富で、共視聴する際の選択肢に上がりやすいようだ。

TVer

見過ごせないTVerの強さ(画像は「TVer」公式サイトより引用)

また、地上波や動画サービスの中で何を視聴者がもっとも注視しているかについては、「Disney+」、「Netflix」が高い注視を獲得。動画サービス全体が地上波よりも注視されている傾向があるようだ。地上波で何を見ようか決めるとき、「あれ、今日おもしろい番組やっていないな」と、ガッカリした経験は誰もがあるはずだ。

視聴のタイミングやコンテンツを自分で選んで、自分好みのコンテンツが見られる動画サービスの方が、地上波よりも見られているのは当然の結果といえるかもしれない。

このまま、YouTubeやサブスク動画配信サービスに追い抜かれていくのか、それとも地上波の逆襲がはじまるのか。チューナーレステレビも話題となるなか、キー局の今後に注目だ。

出典元:【REVISIO株式会社/PR TIMES
●TVer(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:AhmadDanialZulhilmi / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

関連記事

YouTubeはすでに第6のキー局!? 地上波より動画サービス注視の傾向に【REVISIO調べ】のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeNetflixAmazonプライム・ビデオTver】の最新ニュースをいち早くお届けします。