【2023年版】自動車税の支払いがお得なキャッシュレス決済は – 筆者が楽天ペイを選んだワケ

【自動車税】「PayPay」はeL-QR対応で自動車税の支払いも可能だが、ポイント還元はなし!

「PayPay」はeL-QRに対応しており、請求書払いで自動車税を支払うことが可能です。支払い方法も「残高払い」と「PayPayあと払い」が利用できます。

注意したいのは、23年4月以降に自動車税を請求書払いで支払える残高は、銀行口座や現金、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージした「PayPayマネー」のみとなっていることです。

クレジットカード(以下クレカ)からのチャージや、ソフトバンクまとめて支払いでのチャージは「PayPayマネーライト」になるので、自動車税の支払いには利用できません。

しかも、PayPayカードから残高にチャージしてもポイントはつきませんし、PayPay請求書払いではポイント還元はありませんので、あえてPayPayで自動車税を払う必要はないでしょう。

●PayPay「2023年4月以降の「PayPay請求書払い」の「eL-QR」対応および支払方法の変更について」は→こちら

「PayPay」の請求書払いで自動車税を支払う手順

「PayPay」の請求書払いで自動車税を支払う手順1

まず、PayPayのトップ画面で「請求書払い」を選択し、カメラで納付書の「eL-QR」か「バーコード」を読み込みましょう。これで自動車税の納付は完了です。ポイント還元はありませんが手数料もかかりません

「PayPay」の請求書払いで自動車税を支払う手順2

PayPay請求書払いで自動車税を支払うときは、PayPayマネーのみ利用可能ですが、水道やガス料金など民間の請求書の場合は、PayPayマネーやPayPayマネーライト、PayPayポイントも利用可能です(筆者撮影)

【自動車税】「au PAY」もeL-QRに対応するが、請求書支払いは23年4月からポイント還元なし!

「au PAY」の請求書支払いもeL-QRに対応しており、自動車税の支払いに残高払いを利用できます。

2022年までは、au PAY残高での支払いで200円につき1pt(0.5%)のポイント還元がありましたが、残念ながら2023年4月より対象外となりました。

●au PAY「【au PAY(請求書支払い)】ご利用時の特典変更について」は→こちら

2022年筆者が自動車税をauPAYで支払ったときの様子

こちらは2022年筆者が自動車税をauPAYで支払ったときの様子。200円につき1pt(0.5%)のポイント還元がありましたが、23年4月からは廃止され、特典は「たぬきの抽選会」に変更されました(筆者撮影)

au PAYの残高には銀行口座、現金に加え、クレカからチャージできますので、クレカからチャージして自動車税を支払えば、結果としてクレカのポイントはもらえることになります。

とはいえ、クレカによっては残高にチャージできてもポイント還元がなかったり、通常より還元率が低くなる場合もありますので注意しましょう。

たとえば、楽天カードやau PAY カードで残高にチャージしてもポイント還元はありません。また、au PAY ゴールドカードの場合は、通常2%還元のところ残高チャージは1%(100円につき1pt)になります(月間最大1,000pt)。

なお、au PAYでは「たぬきの抽選会」が毎月5のつく日と8日に行われており、200円以上の請求書払いをすれば1等なら3,000ptがもらえ、最低でも5等の1ptが当たります。

●au PAY「たぬきの抽選会」→こちら

■たぬきの抽選会

1等:3,000pt
2等:100pt
3等:20pt
4等:10pt
5等:1pt
※最低でも5等は必ず当たる

たぬきの抽選会(Image:aupay.auone.jp)

毎月5のつく日と8日にたぬきの抽選会が実施されており、200円以上の決済で最低でも1ptが獲得できます。抽選はその場で行われ、運がよければ3,000ptが当たるかもしれませんね(画像はau PAY公式サイトより転載)

【自動車税】「LINE Pay」のチャージ&ペイも23年4月でポイント還元は終了!

「LINE Pay」はeL-QRに対応していませんが、LINE Payアプリから直接、自動車税の請求書払いを利用することが可能です。

ただし、“残高”から支払うとポイントが付与されず、クレカによる“チャージ&ペイ”でしかポイント還元されません。

ちなみに、LINE Payのチャージ&ペイで利用できるクレカは「Visa LINE Payクレジットカード」か「三井住友カード(VISA)」となっています。

しかし、23年5月からは「Visa LINE Payクレジットカード」でチャージ&ペイで支払ってもポイント還元はなくなり、「三井住友カード」だけが0.5%還元をキープしています。

また、5%還元(月上限500pt)がウリの「Visa LINE Payクレジットカード(P+)」も、LINE Payでの請求書払いではポイント還元がありません。

●Visa LINE Payクレジットカードは→こちら
●LINE「【LINE Pay】LINEクレカのご利用特典変更のお知らせ」は→こちら

請求書払いでポイントがもらえたVisa LINE Payクレジットカード(Image:smbc-card.com)

これまで請求書払いでポイントがもらえたVisa LINE Payクレジットカードですが、23年5月からはポイントが付与されないのでご注意ください(画像は三井住友カード公式サイトより転載)

ちなみに、LINE Payの場合はeL-QR非対応なので、LINE Payアプリの請求書支払いを選択し、「納付書コンビニ収納用バーコード」を読み込んで納付することになります。

LINE Payの請求書支払いで自動車税を支払う手順

LINE Payの請求書支払いで自動車税を支払う手順1

まず画面下のメニューで右側のアイコンをタップしたら、画面を下にスクロールします(左写真)。次に「請求書支払い」を選択しましょう(右写真)

LINE Payの請求書支払いで自動車税を支払う手順2

するとカメラが起動するので、納付書のバーコード(QRコードではない)を読み込みます(左写真)。金額を確認したらチェックを入れて「支払う」を押せばOKです(右写真)

【自動車税】FamiPay(ファミペイ)はeL-QRに対応し、翌月払いでおトクに支払える!

FamiPay(ファミペイ)もeL-QRに対応し、ファミペイ請求書支払いから自動車税を納付できます。

FamiPayの請求書支払いでは「残高払い」か「翌月払い」が利用できますが、残高チャージは銀行口座、現金、クレカ(JCBのみ)が対応します。

たとえば、公式クレカの「ファミマTカード」で残高チャージすれば0.5%還元となるほか、PayPayカード(JCB)なら1%還元されます。

ただし、残高チャージができてもポイント還元されない、あるいは月間チャージ上限額が2万円といったクレカもありますのでご注意を!

なお、ファミペイの“翌月払い”とは、手数料無料で1カ月分を翌月にまとめて一括払いするサービスのことです。

翌月払いを利用するには、FamiPayのホーム画面から「サービス一覧へ」を選び、「FamiPay翌月払い」から本人確認をする必要がありますので、事前に申し込んでおきましょう。

●FamilyMart「ファミペイ翌月払いの申し込み方法を教えてください。」は→こちら

FamiPayの翌月払いでは、通常の0.5%(200円で1pt)に0.5%が加算されて1%還元になるのですが、eL-QRでの自動車税の支払いについては、翌月払いの特典0.5%還元と、支払い1件につき10ptが加算されることになります。

たとえば、2万5,000円の自動車税を払うと0.5%分の125ptに10ptが加算されて、合計135ptを獲得できるわけです。

●FamiPay「ファミペイ翌月払いのご利用で1.0%還元」は→こちら

ファミペイ翌月払いのご利用で1.0%還元(Image:famipay.famidigi.jp)

ファミペイ翌月払いは1%還元されるのがウリですが、公共料金の場合は0.5%+10ptが加算されることになっています(画像はFamiPay公式サイトより転載)

ちなみに、FamiPayの請求書払いの方法は、FamiPayアプリの「FamiPay請求書支払い」をタップすると、メニューに「地方統一QR(eL-QR)」が表示されるので、これを選択。

カメラが起動したら納付書のeL-QRを読み込めば、自動車税を支払うことが可能です。

FamiPayの請求書支払いで自動車税を支払う手順

FamiPayの請求書支払いで自動車税を支払う手順1

まず、FamiPayのホーム画面で「FamiPay請求書支払い」をタップします(左写真)。すると、メニューが表示されるので「地方税統一QR(eL-QR)」を選択しましょう(右写真)

FamiPayの請求書支払いで自動車税を支払う手順2

地方税統一QR(eL-QR)について確認したら、「利用規約を確認してQRを読み取る」をタップします(左写真)。カメラが起動したら撮影の許可を出しましよう(右写真)

FamiPayの請求書支払いで自動車税を支払う手順3

カメラで納付書の「eL-QR」のQRコードを読み込むと(左写真)、金額が表示されるので「納付する」を押せばOKです(右写真)

なお、ファミマの店頭ではFamiPayアプリでの自動車税納付が可能となっています。

FamiPayのホーム画面から「サービス一覧へ」をタップし、「店舗・アプリでの請求書支払い確認」を選択すると、納付書のバーコードをスキャンできます。

これなら、車検が近い人もファミマの店頭で納付書に領収印を押してもらえるので安心ですね。

関連記事

【2023年版】自動車税の支払いがお得なキャッシュレス決済は – 筆者が楽天ペイを選んだワケのページです。オトナライフは、【マネークレカ税金キャッシュレスQRコード決済楽天ペイ自動車税】の最新ニュースをいち早くお届けします。