ダイソーの塗るだけでスマホの画面が割れないと噂の液体フィルム「NANO Hi-Tech」の実力は?

高価なiPhoneを落として画面が割れてしまうと悲しいですよね。そこで、保護ケースや保護フィルムなどを使っている人も多いと思いますが、今ネットで話題なのが、100均で売られている“塗るだけで画面を保護できる”ガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」です。本当に画面に塗るだけでiPhoneを落としても割れないのでしょうか? そこで筆者は、実際にiPhone 8を使って落下実験を行ってみました。その結果やいかに!?

画面を保護できる”ガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」を使って実際にiPhone 8を使って落下実験を行ってみました

 

100均のガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」って何?

機種によっては10万円以上もする高価なiPhoneですが、不注意で落としてしまうと液晶画面が割れて悲惨なことになりますよね。修理には数万円もかかるので、ヒビが入ったまま使っている人もよく見かけます。

そのようななか、今ネットで話題となっているのが、ダイソー(DAISO)やセリア(Seria)などの100均で売られているガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」(110円)です。

このNANO Hi-Techは、iPhoneの画面に特殊な液体を塗って乾かすだけで液晶画面を保護できるというもので、表面硬度は「3H」に対応するとのこと。

3Hとは鉛筆の硬さ(HBや2Bなど)のことで、JIS規格では6B~9Hまでが設定されています。もし、保護フィルムに「3H」とあれば3Hの鉛筆で引っ掻いても表面に傷が付かないことを意味します。

つまり、NANO Hi-TechをiPhoneの画面に塗れば、表面硬度3Hの保護フィルムを張っているのと同じ状態になるというわけです。

それにしても、100均でたった110円で売られている製品を画面に塗るだけで、本当にiPhoneを落としても液晶画面が割れないのでしょうか? 

そこで今回、筆者は噂を検証するために実際にiPhone 8を使って落下テストを行ってみました。果たしてその結果はどうだったのでしょうか?

●JISC(日本産表標準調査会)は→こちら

 

ダイソーで購入した「ガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」

こちらがダイソーで購入したガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」。NANO Hi Techの液体が入っているケースのほか、ウェットシート、ドライシート、マイクロファイバーシートも付属する(筆者撮影)

実際に「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングしてみよう!

「NANO Hi-Tech」はセリアやダイソーなどの100均で販売されていますが、比較的大きなお店でないと売られていないようです。筆者も3~4店舗回って、スマホの保護フィルムコーナーの片隅でようやく発見しました。

まず「NANO Hi-Tech」でiPhoneの液晶画面をコーティングするには、(1)のWET WIPES(ウェットシート)で汚れを取ります。

次に、NANO Hi-Techをよく振ってからキャップを外し、液体を5~8滴ほど垂らしたら、(2)DRY WIPES(ドライシート)で画面全体に均一に広げましょう。

この状態で液体が乾くまで10分放置したら、マイクロファイバーシートで拭き取ります。これでコーティング作業は終了です。

「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングする手順

「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングする手順1

まず、iPhoneの表面の汚れを(1)WET WIPES(ウェットシート)で取り除く(筆者撮影)

「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングする手順2

次に、NANO Hi-Techをよく振ってから、キャップを外して液体を5~8滴ほど垂らす(筆者撮影)

「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングする手順3

続いて、(2)DRY WIPES(ドライシート)で、液体を画面全体に均一になるように広げる(筆者撮影)

「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングする手順4

こちらが液体を前面に塗った状態。これで液体が乾くまで10分間ほど放置しておく(筆者撮影)

「NANO Hi-Tech」で画面をコーティングする手順5

最後にマイクロファイバーシートで画面をきれいに拭き取る。すると、画面全体がコーティングされてツルツルした状態になるはずだ(筆者撮影)

実際にiPhone 8を地面に落としてみた! その結果は!?

それでは、実際にNANO Hi-TechでコーティングしたiPhone 8を硬い場所に落下させてみましょう。

でも、その前にNANO Hi-Techは3Hのハードコーティングですので、それを確かめるために液晶表面をカッターで傷つけてみます。

すると、ヌルッと刃が滑って引っかからない感じで、画面にはまったく傷が付きませんでした。これはなかなか凄いかも……。

カッターで画面を傷つける

カッターで画面を傷つける

落下テストの前にカッターで傷つけてみた。しかし、刃がヌルッと滑って引っかからない。これは案外凄いのかも……と感させる(筆者撮影)

続いて落下テストを行いますが、最初はなかなか勇気がいるので、まずは硬い合板テーブルの上1mの場所から落としてみます。するとガンッ!と鈍い音がしましたが、iPhoneにはまったく問題ありません。これは素晴らしい!

硬いテーブルの上1mから落下させる

硬いテーブルの上1mから落下させる1

恐る恐る合板で硬いテーブルの上1mの場所からiPhoneを落としてみた(筆者撮影)

硬いテーブルの上1mから落下させる2

「おおーっ!」iPhoneは傷ひとつなく無傷だった。このあと、写真撮影のために3回落としてみたがまったく問題なし!(筆者撮影)

固めのテーブルに落としてもまったく問題ないないことが確認でき、少し自信が付いたところで、今度はいよいよ会社の非常階段の硬いタイルの上に1.3mから落下させてみます。

落下させるとガツンッ!というかなり大きな音がしたので、さすがにビビりましたが、iPhoneはまったく無傷で画面が割れることもありませんでした。

この結果に、筆者は思わず「スゲーッ!」と叫んでしまいましたが、実際に目の当たりにすると、そのくらいのインパクトはあると思います。

硬いタイルの上1.3mから落下させる

硬いタイルの上1.3mから落下させる1

いよいよ、非常階段の硬いタイルの上1.3mの場所からiPhoneを落としてみる(筆者撮影)

硬いタイルの上1.3mから落下させる2

勇気を出してエイッと手を離すと、ガツンッ!という大きな音が響き渡った。これはヤバいかも……(筆者撮影)

硬いタイルの上1.3mから落下させる3

しかし、iPhoneは傷ひとつ付くことなく、液晶画面も割れていなかった。もちろん、動作にも問題ない(筆者撮影)

まとめ

いかがでしょうか? ダイソーでたった110円で購入したガラス用液体フィルム「NANO Hi-Tech」ですが、ネットの噂どおり1m以上の場所から硬い地面に落としても、本当に画面が割れることはありませんでした。

もちろん、iPhone 8には保護ケースや保護フィルムも貼らず、本当にNANO Hi-Techでコーティングしただけです。

NANO Hi-Techでコーティングすると車のワックスと同じような感じで表面がツルツルになりますので、タッチ操作に影響が出ることもありません。

しかも、iPhoneを落としても液晶画面が割れることはないので、これは本当に凄いと感じました。みなさんも100均でNANO Hi-Techを見つけたら即買っておいたほうがいいでしょう。もちろん、万一のことがあっても編集部では責任は負えませんので、実験は自己責任でお願いします。

なお、NANO Hi-Techはスマホ2~3台分に塗ることができますが、一度容器の蓋を開けてしまうと液体を保管できないと書いてありますので、塗るときはまとめて何台かで作業したほうがいいようです。

※記事中の商品は筆者(編集部)が購入時点のものです(2023年6月)。店舗によっては在庫切れ、取り扱いがない場合もありますのでご了承ください。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

ダイソーの塗るだけでスマホの画面が割れないと噂の液体フィルム「NANO Hi-Tech」の実力は?のページです。オトナライフは、【デバイスiPhone100均セリアダイソーiPhone 8液体フィルム】の最新ニュースをいち早くお届けします。