iPhoneで「PayPay」決済を秒で済ませる2つの方法

人気No.1のスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」。でも、毎回支払いのたびにPayPayアプリを起動するのが面倒ですよね。実はiPhoneの標準機能を使えば、PayPayの支払いをアッという間に済ませることができるのをご存じでしょうか? そこで今回はiPhoneの機能を使って、PayPay決済を秒で済ませる2つの方法を紹介しましょう。

iPhoneの基本機能で「PayPay」決済が秒で行える!

2023年4月時点でユーザー数が5,700万人を突破した人気のスマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」。アナタも毎日のように使っているでしょう。

でも、PayPayアプリを開くのに手間取って、レジ前で焦ってしまうこともありますよね。そのようなとき、iPhoneユーザーなら「ウィジェット」や「ショートカット」といった基本機能を使うことで、秒でPayPayの支払いを終わらせることができるのをご存じでしょうか?

普通にPayPayアプリをタップして起動するより遥かにスピーディに支払えるので、自分にあった方法でPayPayをもっとスマートに使いこなしましょう!

●PayPay(公式)は→こちら

「PayPay」決済がiPhoneの基本機能で秒で行える!

レジ前で毎回PayPayアプリを起動して支払うのに手間取ってしまう人も多いのでは? 実はiPhoneならPayPayでの決済がもっとスマートにできるワザがあるんです!

【1】PayPayのウィジェットをiPhoneのロック画面に表示する方法

iPhoneでPayPayの支払いをスムーズにするひとつめの方法は、「ウィジェット」を利用する方法です。

iOS 16では、新たにロック画面にウィジェットを配置できるようになっており、2022年10月5日からは、PayPayのウィジェットも表示できるようになりました。

これなら、PayPayの支払いをするとき、ロック画面のウィジェットからサクッと起動して支払うことができますよね。

iPhoneのロック画面のウィジェットにPayPayを登録する手順

iPhoneのロック画面のウィジェットにPayPayを登録する手順1

まず、iPhoneのロック画面の何もないところを長押し(左写真)。編集画面に切り替わったら画面右下の「+」アイコンをタップしましょう(右写真)

iPhoneのロック画面のウィジェットにPayPayを登録する手順2

次にロック画面の壁紙を選びます。好みのデザインをタップすればOKです(左写真)。画面上部の「写真」を押すと自分で撮った写真を壁紙に適用することも可能です(右写真)

iPhoneのロック画面のウィジェットにPayPayを登録する手順3

壁紙を選んだらロック画面の「ウィジェットを追加」をタップ(左写真)。ウィジェットとして追加できるアプリ一覧が表示されるので「PayPay」を選びましょう(右写真)

iPhoneのロック画面のウィジェットにPayPayを登録する手順4

続いて表示されるウィジェットのサイズを選んだら、「×」で画面を閉じます(左写真)。最後に画面右上の「追加」を押せばロック画面にPayPayのウィジェットが配置されます(右写真)

iPhoneのロック画面のウィジェットからPayPayを起動する手順

iPhoneのロック画面のウィジェットからPayPayを起動する手順

iPhoneのロック画面に表示されたPayPayのウィジェットをタップ(左写真)。すると、PayPayのQRコード(バーコード)支払い画面が即座に表示されます(右写真)。これは便利!

【2】PayPayアプリのショートカット機能を使って支払う方法

PayPayをスムーズに使うもうひとつの方法は、アプリのショートカット機能です。

PayPayでの支払い方法は、店舗に掲示してあるQRコードを読み取る「QRコード」決済と、コンビニのようにスキャナーでバーコードを読み取る「バーコード」決済の2種類があります。

ショップによって支払いパターンが異なるので、PayPay初心者にとっては分かりにくくて面倒ですよね。

そこでオススメするのが、iPhoneに搭載されているアプリの「ショートカット」機能です。

ご存じの方も多いと思いますが、iPhoneアプリの多くは、ホーム画面のアイコンを長押しすることでショートカット機能が表示されるようになっています。

実は、iPhoneのPayPayアプリでもショートカット機能が利用できるので、PayPayアプリのアイコンを長押ししてみてください。

すると、「バーコード支払い」と「スキャン支払い(QRコード)」のショートカットメニューが表示されるはずです。

つまり、PayPayアプリを起動することなく、各支払い方法に適した画面を選んで、すぐに決済することができるんです。これは便利ですね!

PayPayアプリのショートカット機能を使う方法

PayPayアプリのショートカット機能を使う方法1

iPhoneのホーム画面にあるPayPayアプリを長押しします(左写真)。すると、ショートカットに「バーコード支払い」と「スキャン支払い」が表示されるはずです(右写真)

PayPayアプリのショートカット機能を使う方法2

まず「バーコード支払い」を選択すると自分のコードが画面に表示されます(左写真)。次に「スキャン支払い」を選ぶとQRコードを読み取る画面が表示されます(右写真)

まとめ

いかがでしょうか? 毎日のようにiPhoneでPayPayを利用している人なら、少しでもスムーズに支払いを済ませられるように、ぜひ、ウィジェットやショートカット機能を活用してみてください。

これで、明日からはレジでもたもたして、後ろの人の目を気にしながらPayPay決済をしなくても済みますよ!

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

iPhoneで「PayPay」決済を秒で済ませる2つの方法のページです。オトナライフは、【マネーキャッシュレスQRコード決済PayPayウィジェット機能PayPayの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。