AirPods(エアポッズ)の「バッテリー交換」と「買い替え」はどっちがお得?

iPhoneユーザーなら通勤・通学で完全ワイヤレスイヤホンの「AirPods(エアポッズ)」を使っている人も多いでしょう。しかし、毎日AirPodsを使っていればバッテリーの持ちが徐々に悪くなってきますよね。そのようなときは、AirPodsのバッテリーを交換してもらうか、新品に買い替えるか悩みどころ……。そこで今回は、AirPodsのバッテリー交換と買い替えはどちらがお得なのか検討してみます。

実はAirPods(エアポッズ)のバッテリー交換はかなり高い!

AirPods(エアポッズ)を長年使っていると、どうしてもバッテリーがヘタって再生時間が短くなってしまいます。そのような場合、まず考えられるのがAirPodsのバッテリー交換でしょう。

Appleでは、AirPodsのバッテリーを交換してくれるサービスがありますが、AirPodsの片方のバッテリー交換費用は第1世代〜第3世代、AirPods Proも含め、すべて7,900円となっています(AirPods Maxのみ1万2,800円)。

また、充電ケースのバッテリー交換もすべてのモデルで7,900円かかります。

●Apple「AirPods の修理サービス」(公式)は→こちら

AirPods(エアポッズ)の「バッテリー交換」と「買い替え」はどっちがお得?1(Image:support.apple.com)

AirPodsが壊れたときはAppleの修理サービスが利用できます。修理内容は「バッテリー交換」「紛失」「その他の損傷」の3メニューがあります(画像はApple公式サイトより引用)

AirPods(エアポッズ)の「バッテリー交換」と「買い替え」はどっちがお得?2(Image:support.apple.com)

「お見積り」画面で修理サービスのタイプや製品、モデル名を選択して「見積る」を押すと、料金が確認できるようになっています。なお、料金はすべて税込表示です(画像はApple公式サイトより引用)

AirPods(エアポッズ)の「バッテリー交換」と「買い替え」はどっちがお得?3

バッテリー交換は「イヤホン片方」あるいは「充電ケース」の場合、いずれも7,900円(AirPods Maxのみ1万2,800円)となっています。ただし、AppleCare+に加入しいれば0円になります(表はApple公式サイトを基に筆者が作成)

もし、AirPodsかAirPods Proの両方のイヤホンのバッテリーを交換した場合は1万5,800円かかり、さらに充電ケースのバッテリー交換まで行うと、+7,900円が加算され、その合計金額は2万3,700円になります。

ところが、現在Apple公式サイトで販売中のAirPods(第2世代)は1万9,800円、AirPods(第3世代)は2万6,800円(Lightning充電ケース)で販売されているので、AirPods一式のバッテリー交換をすると、逆にAirPods(第2世代)を買ったほうが安くつくのです。

AirPods(エアポッズ)の「バッテリー交換」と「買い替え」はどっちがお得?4(Image:support.apple.com)

縦長デザインのAirPods(第2世代)は1万9,800円、AirPods(第3世代)でも2万6,800円(Lightning充電ケース)で販売されています(画像はApple公式サイトより引用)

つまり、AirPods一式のバッテリー交換と新品の価格はさほど変わらないので、わざわざ古いAirPodsのバッテリーをAppleで修理するのはオススメできないことになります。

しかも、新品に買い替えた場合は古いAirPodsも手元に残るので、通勤用と自宅用に分けて利用することなども可能になるでしょう。

Apple Care+に加入しているならバッテリー交換も0円に!

AirPods一式をバッテリー交換をするのなら、新しいものに買い替えたほうがお得だと説明しましたが、もし「Apple Care+」に加入しているのなら話は別です。

Apple Care+は、すべてのAirPodsに付いている1年間の製品限定保証と90日間の無償テクニカルサポートを2年間に延長することができる保証です。

Apple Care+の料金はAirPods Maxが7,800円でそれ以外のAirPodsは4,600円となっており、そのなかにはバッテリーサービス保証というサービスも付いています。

バッテリーサービス保証は、実機検査の結果、バッテリー蓄電容量が本来の80%未満の場合であれば無償でバッテリーを交換してもらうことができます。

そのためApple Care+に加入している場合は、保証を使って無償でバッテリーを交換してもらえるかもしれないので、その場合は新製品に買い替えるよりお得になります。

●Apple「AppleCare製品」(公式)は→こちら

Apple Care+に加入しているならバッテリー交換も0円に1(Image:support.apple.com)

AirPodsの場合、4,600円を支払ってAppleCare+に加入すると、保証とサポートがAppleCare+の購入日から2年間に延長されます(画像は「Apple」公式サイトより引用)

ただし、普通に使っていて2年間でバッテリーが80%以下になることはめったにありませんので、AppleCare+に加入するかどうかは、よく考えてからにしましょう。

町の修理屋さんでバッテリー交換してもらうという手も!

AppleCare+に加入しておらず、AppleでAirPodsのバッテリー交換をお願いすると、新品を買うのと同じくらいの費用がかかってしまうのは、なかなか厳しいですよね。

そのような場合は、ネットや町の修理屋さんにお願いするという方法もあります。

たとえば、RECYCLE PODSではAirPods(第1世代・第2世代)の両耳のバッテリー交換費用は、Apple純正バッテリーと交換する「修理サービス」と、リファービッシュ品のAirPodsをすぐに返送する「交換サービス」の場合、いずれも6,980円で済みます(送料込)。

しかも、RECYCLE PODSでは保証が3カ月付きますので、比較的安心して利用できそうですが、修理サービスの場合は、AirPodsを発送してから返送までに1カ月程度かかる点はご注意ください。

●RECYCLE PODSは→こちら

修理屋さんでバッテリー交換してもらうという手も1(Image:recycle-pods.com)

こちらがAirPodsのバッテリーを格安で修理&交換してくれる「RECYCLE PODS」です。ネットから気軽に修理依頼ができるのが便利ですね(画像はRECYCLE PODS公式サイトより引用)

修理屋さんでバッテリー交換してもらうという手も2(Image:recycle-pods.com)

AirPods(第1世代・第2世代)とも、修理&交換費用は片耳で4,980円、両耳で6,980円なので、Appleでお願いするよりかなり安く済みます(画像はRECYCLE PODS公式サイトより引用)

このように、ネットや町の修理屋さんなら、Appleで修理するよりは安く済みますので、どうしても、予算が厳しいという場合は、このようなサービスを利用することも検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、ネットや町の修理屋さんのなかにはApple純正ではないバッテリーを使用するショップもあるようなので、修理依頼は必ず自己責任でお願いします。

まとめ

いかがでしょうか? AirPodsのバッテリー交換一式をAppleにお願いするとなると、新品に買い替えるのと変わらない費用がかかってしまいます。

もちろん、AppleCare+に加入していればタダで交換してもらえる場合もあるでしょうが、そうでなければ、新製品に買い替えるほうがオススメです。

もし、どうしても予算が厳しいようなら、格安でバッテリー交換してもらえる町の信頼できる修理屋さんの利用も考えてみてはいかがでしょうか?

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

AirPods(エアポッズ)の「バッテリー交換」と「買い替え」はどっちがお得?のページです。オトナライフは、【デバイスイヤホンAirPodsAirPods ProBluetoothイヤホンワイヤレスイヤホンAppleCare+】の最新ニュースをいち早くお届けします。