今さらだけど「マイナンバーカード」で何ができるの? 作っておいたほうがいい理由を解説

なかなか普及しない「マイナンバーカード」。2020年3月時点での普及率はわずか15.5%だという。その原因は“そもそもマイナンバーカードで何ができるかわからない”ことであろう。そこで今回はマイナンバーカードでできることを紹介する。きっと、早めにマイナンバーカードを作っておいたほうがいい理由がわかるはずだ。

就職や投資口座の開設、確定申告などに必要!

(Image:cao.go.jp)

 アナタは「マイナンバーカード」を持っているだろうか? 2020年3月時点での普及率は15.5%しかないので、持っている人のほうが少ないはずだ。そもそもマイナンバーカードは12桁の「マイナンバー(個人番号)」が記載されているICチップ付プラスチック製身分証明書のこと。表面には本人の顔写真や氏名、住所、生年月日、性別などが記載されており、裏面にはマイナンバーが記載されている。運転免許証やパスポートを持っていない人にとっては、身近な顔写真付きの身分証明書として機能する。
 また、マイナンバーカードは会社に就職したときや投資口座を作成するとき、あるいは確定申告するときにマイナンバーの提示が必要になる。ほかにも、マイナンバーカードがあれば、役所に行かなくても住民票や印鑑証明などをコンビニのマルチコピー機で簡単に取得できるメリットもある。ちなみに、紙製「通知カード」は単にマイナンバーを知ることができるだけで、公的な身分証明書としては機能しない。

右が身分証明書として使える「マイナンバーカード」。左はマイナンバー(個人番号)を知らせるだけの「通知カード」。身分証明書には使えないので注意しよう

■マイナンバーカードでできること
【1】身分証明書として利用できる

運転免許証やパスポートがない人には貴重な顔写真付き身分証明書として利用できる

 

【2】マイナンバー(個人番号)を提示する
就職先、金融機関、税務署(確定申告)などでマイナンバー(個人番号)の提示が求められることがある。確定申告のオンライン申告でも必要

 

【3】各種証明書をコンビニで取得できる
自治体によって対応は異なるが、役所に行かなくても近所のコンビニにあるマルチコピーを使って住民票や印鑑証明、納税証明書、戸籍など、各種証明書が簡単に取得できる

今さらだけど「マイナンバーカード」で何ができるの? 作っておいたほうがいい理由を解説のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイナポイントマイナンバーカード個人番号健康保険証給付金通知カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。