子どものスマホを管理する「Google ファミリーリンク」の設定方法

今では小学生からスマホを持つことも珍しくなくなってきた。そこで、現在、携帯キャリアでは法律によって18歳未満の子どものスマホには不適切なWebサイトを表示させない「フィルタリング」設定が義務化されている。だが、もし機種変更で中古スマホなどを購入したり、格安SIMを契約した場合はどうすればいいのだろうか? そこで今回は、子どものスマホの利用制限ができるアプリ「Google ファミリーリンク」を紹介しよう。

格安SIMや中古スマホは親がフィルタリングしよう

 携帯キャリアは18歳未満の子どものスマホには不適切なWebサイトを表示させない「フィルタリング」設定が義務付けられているのをご存じだろうか? しかし、ケータイ電話料金を節約するために、子どものスマホを格安SIMにしたり機種変更で中古スマホを買った場合には、親が自分でフィルタリングを施す必要がある。だが、いったいどうやって……?
 そこで紹介したいのが「Google ファミリーリンク」だ。「Google ファミリーリンク」は親のスマホから子どものスマホをコントロール(遠隔操作)できる機能があり、スマホの位置情報を調べたり利用時間を設定できるほか、GoogleやYouTubeなどのフィルタリング、アプリの利用制限なども可能である。そこで今回は「Google ファミリーリンク」で何ができるか? どのように設定すればいいのかを紹介しよう。

■Google ファミリーリンクでできること
(1)位置情報
子どもが今どこにいるかGPSで確認できる

(2)スマホ利用の管理
子どものスマホの利用時間の管理ができる

(3)Google Playでの使用制限
子どもが使用するアプリやコンテンツを制限できる

(4)Google ChromeやGoogle検索のフィルタリング
Google Chromeでサイトをブロックしたり、Google検索に制限をかけることができる

(5)YouTubeのフィルタリング
こどもに適さないYouTubeの視聴を制限できる

子どものスマホが今どこにあるのか、GPSで検索することができる。ちなみに「設定を管理」をタップすると各種設定を変更することができる

子どものスマホの利用制限が可能。左は「1日の利用時間の上限」、右は「おやすみ時間」である。指定した時間はスマホがロックされて利用できなくなるのだ

指定時間外でも子どものスマホをロックしたり解除したりできるほか(左上写真)、親の権限でボーナスタイムを追加することも可能(右上写真)。ロックされると子どものスマホは「休息時間です」と表示されて利用できなくなる(下写真)

左上写真のようにアプリをブロックすると、子どものスマホからアプリが削除され、再インストール不可になる(左下写真)。アプリのダウンロードに親の認証が必要になる設定も可能。「Google Play」ではアプリ、映画などのコンテンツごとに制限を変更可能だ(右写真)

GoogleやGoogle Chromeの検索で、子どもに不適切なサイトを表示させないようにフィルタリングができる。特定のキーワードで検索しても、子どものスマホに成人向けの不適切なWebサイトは表示されないので安心。もちろん、YouTubeにも同じようなフィルタリング設定ができる

保護者向け Google ファミリーリンク

保護者向け Google ファミリーリンク

アマゾンで購入 楽天で購入
お子様向け Google ファミリーリンク

お子様向け Google ファミリーリンク

楽天で購入

子どものスマホを管理する「Google ファミリーリンク」の設定方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAndroidGoogleファミリーリンクiPhoneセキュリティ】の最新ニュースをいち早くお届けします。