『LINE Pay、au PAY、PayPay、d払い、楽天ペイ』と連携させると一番お得なクレカはどれ?

スマホ(QRコード)決済は、各事業者が発行するクレジットカードと連携することで、さまざまな特典を受けることができる。そこで今回は、スマホ決済ごとに相性のいいクレジットカードを紹介したいと思う。現在では公式クレカ以外では、チャージや決済してもポイントがもらえないことも多いので、しっかりチェックしよう!

■d払い(ディーバライ) dカードで決済するとポイントの二重取りが可能!

 ドコモが運営する「d払い」は、ドコモスマホユーザー以外も利用可能。d払いは従来の電話料金合算払いを店舗でも利用できるようにしたもので、ドコモ料金と一緒に支払えるのが特徴だ。d払いを店舗で利用するとdポイントが0.5%(200円で1pt)還元され、ネットショップでの利用は1%(100円で1pt)還元となる。
 d払いは登録したクレカでの決済も可能で、ドコモの公式クレカ「dカード」(年会費無料)なら1%還元されるため、ポイントの二重取りができる。また、dカードは通常の店舗の買い物で1%還元だが、マツモトキヨシで4%、ローソンでは5%も還元されるのがうれしい。しかも、スマホの修理・紛失補償が1年間最大1万円まで付く。年会費1万1,000円(税込)の「dカードGOLD」なら、ドコモ利用料金の10%(1,000円で100pt)が還元されるほか、スマホの保証が3年間10万円まで補償されるのが魅力だ。詳しくは『ドコモユーザーなら「dカード GOLD」クレカでケータイ料金10%還元! ケータイ補償10万円もを参照してほしい。

(Image:d-card.jp)

d払いなら年会費無料の「dカード」がお得。支払いでd払いとクレカのポイントが二重取りできる(上写真)。また、有料の「dカードGOLD」なら、ケータイ補償が3年付くほかドコモのケータイ料金でも10%の還元がある(下写真)

■au PAY(エーユーペイ) au PAY カードでチャージ&決済すると1.5%還元

 au(KDDI)が運営する「au PAY」は、auスマホユーザーでなくても利用可能。au PAYは電話料金合算払いが可能な「au かんたん決済」のほか、クレカ、auじぶん銀行、現金、ポイントなどでチャージして利用でき、決済すると0.5%(200円で1pt)還元される。auの公式クレカ「au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)」は通常の利用で1%還元されるが、au PAYへのチャージでも1%還元となり、決済と合わせて1.5%還元となる。
 au PAY カードの年会費は無料だが、auサービスを解約すると1,375円(税込)の年会費がかかる点は要注意。また、年会費1万1,000円(税込)の「au PAY ゴールドカード」はauケータイの料金で最大11%還元されるなどの特典がある。
 なお、au PAYのポイントは2020年5月からPontaポイントに変更されており、Pointポイント対応のローソンで二重取りが可能。ローソンでの買い物で4%還元、さらに3が付く日「三太郎の日」は7%(auスマホユーザーは10%)も還元される。

(Image:kddi-fs.com)

上から年会費無料の「au PAY カード」、年会費1万1,000円の「au PAY ゴールドカード」、「au PAY プリペイドカード」。au PAY プリペイドカードはチャージして使うプリペイド型クレカ。セブン-イレブンなどで1%還元され、auスマホの料金でもポイントが貯まる

au PAYをローソンの買い物で使うと誰でも4%還元、さらに毎月3日、13日、23日の「三太郎の日」は7%(auスマホユーザーは10%)も還元される

『LINE Pay、au PAY、PayPay、d払い、楽天ペイ』と連携させると一番お得なクレカはどれ?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いLINE payPayPayQRコード決済Visa LINE Payキャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。