【最新版】マイナポイントがついに開始! 一番お得な決済サービス会社は結局どれ?

いよいよ2020年9月1日から25%ポイント還元の「マイナポイント」制度がスタート! もし、まだキャッシュレス事業者を選んでいない人は、各キャッシュレス決済事業者ごとで実施されている申込キャンペーンに注目してほしい。なかには最大12.5%(2,500pt)も上乗せされ37.5%(7,500pt)ももらえる場合もあるのだ! そこで今回は、申込キャンペーンの最新情報をお届けしよう。果たしてどの事業者が一番お得なのだろうか?

キャンペーンでマイナポイントが最大37.5%になる!!

 マイナンバーカードを持っている人だけが申し込める25%ポイント還元の「マイナポイント」が、いよいよ2020年9月1日から開始! すでにマイナポイントに申し込んでいる人は、2020年9月1日〜2021年3月末までに、チャージしたり決済することによって、最大25%(一人上限5,000pt)のポイント還元を受けられる。
 もし、まだ自分がマイナポイントで利用するキャッシュレス決済サービス会社を決めて(申し込む)いないのであれば、決済サービス事業者が実施している申込キャンペーンを調べてほしい。実は各キャッシュレス事業者が独自にマイナポイント申込キャンペーンを実施しており、なかには、マイナポイントの5,000pt(25%)に加え、申込で最大2,500pt(12.5%)も上乗して7,500pt(37.5%)も還元される場合もあるのだ。しっかり確認しないと大損するぞ! まずは『実は、マイナポイント付与条件は決済サービス会社ごとに違うって知ってた?を参考にしてほしい。
 それを理解したうえで、さらに考慮したいのがマイナポイントの申し込みで上乗せされるお得なキャンペーンである。実は、2020年6月29日時点で、すでに各決済サービス会社が、独自にマイナポイント申し込みキャンペーンを発表している。なかには、マイナポイントの5,000円に加え、申し込みで最大2,500pt(12.5%)も上乗され37.5%還元(7,500pt)になる場合もある。しっかり確認しないと大損するぞ!

(Image:service.smt.docomo.ne.jp)

当初、d払いは申込で500pt進呈だったが、9月30日までの申込で1,500ptに増量された(申込済者も対象)。さらに2万円チャージか買い物で1,000pt追加され、最大2,500pt(12.5%)が上乗せされることになった。ただし、付与されるdポイントは期間・用途限定なので要注意!

(Image:waon.net)

WAONはマイナポイント申し込みで、チャージ金額の10%が追加される。つまり、2万円チャージすれば+2,000pt=合計7,000ptをもらえるのだ

(Image:jp-bank.japanpost.jp)

写真では最大2,000ptとなっているが、第一弾のゆうちょPayを新規ダウンロードして口座登録を完了すると500ptプレゼントは8月31日で終了。第二弾のマイナポイントにゆうちょPayを指定して1,500pt付与は、2021年3月31日まで有効だ

【最新版】マイナポイントがついに開始! 一番お得な決済サービス会社は結局どれ?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いFamiPayWAONマイナポイントメルペイゆうちょPay楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。