【マイナポイント】「楽天」は申込特典がショボくてもポイントの4重取りも可能!

楽天アプリをフル活用してポイント4重取りが可能に!

 マイナポイントで利用できる楽天の決済方法には「楽天カード」「楽天ペイ」「楽天Edy」の3つが用意されている。マイナポイント申込特典は「楽天ペイ」が500pt付与(9月30日まで)、「楽天Edy」は毎月1,000pt以上のチャージで最大2万円が当たる抽選(9月1日~2021年1月31日の5カ月間)、「楽天カード」は特典なしとなっている。だが、普段から楽天市場などのサービスを利用しているなら、いずれの決済方法でマイナポイントを申し込んでも、楽天ポイントを最大限活用できる。
 たとえば、「楽天カード」で「楽天Edy」や「楽天ペイ」にチャージして0.5%。決済で0.5~1%。さらにコンビニやファーストフードなどで「楽天ポイントカード」を提示すると1%。ローソンやマツモトキヨシなどに訪れるだけでポイントをもらえる「楽天チェック」などを利用すれば、ポイントの4重取りも可能となるのだ。

(Image:rakuten-card.co.jp)

2020年6月時点で利用者数が2,000万人を突破した楽天カード。楽天ポイントカードや楽天Edy機能も一体化しており、楽天ペイや楽天Edyにチャージすることで0.5%のポイントがもらえる。ただし、マイナポイント申込特典はない

(Image:pay.rakuten.co.jp)

「楽天ペイ」は楽天のQRコード決済アプリ。通常の決済で1%還元されるほか、Suicaへのチャージ(楽天カード)でも0.5%還元される。また、マイナポイント申込特典で500ptが付与される(9月30日まで)

(Image:edy.rakuten.co.jp)

「楽天Edy」はチャージして買い物ができるプリペイド型電子マネー。ICカードやスマホ(おサイフケータイ)でも利用可能。決済で0.5%ポイント還元がもらえるほか、抽選で毎月2万円が100名に当たるマイナポイント申込特典もある

(Image:pointcard.rakuten.co.jp)

「楽天ポイントカード」は、東急ストア、ファミリーマート、サンドラッグ、ビックカメラ、マクドナルド、はま寿司、くら寿司、すき家、吉野家、プロント、出光などで買い物の前に提示するとポイントが貯まる(最大1%)

(Image:check.rakuten.co.jp)

「楽天チェック」はローソン、ポプラ、いなげや、マツモトキヨシ、コスモ石油、エディオン、ジョーシン電気などの店舗に行くだけで、買い物前にポイントをゲットできるアプリ

【マイナポイント】「楽天」は申込特典がショボくてもポイントの4重取りも可能!のページです。オトナライフは、【マネーマイナポイントマイナンバーカード楽天楽天Edy楽天カード楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。