LINE Payで友だちに送金、銀行振込する方法 実際に使ったらメチャ便利だった!!

友だちや同僚などに立て替えてもらった食事代や、借りたお金などを返済するときは「LINE Pay(ラインペイ)」が便利。現金が1万円札しかないときや小銭が足りないときでも、LINEユーザー同士なら手数料無料で簡単に送金できるほか、手数料がかかるものの銀行口座に振り込める「銀行振込サービス」も利用可能だ。そこで今回は「LINE Pay」の便利な「送金」と「銀行振込サービス」について詳しく解説しよう。

LINEの友だちにその場でお金を送れる「送金」が便利!

 アナタは、会社の同僚や友だちに立て替えてもらった食事代や、借りたお金などを返済するとき、現金が1万円札しかなかったり小銭が足りなくて、ちょっと面倒くさいことになった経験はないだろうか? そんなときは、LINEユーザーなら誰でも簡単に使えるQRコード決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」を使ってみよう。
 実はLINE Payには「送金」という機能があるが、これはLINEに登録している友だちなどにLINE Payでお金を送金できて超便利! 銀行口座に振り込んだりする手間や手数料もいらず、LINEのトークから簡単にお金を送ることができるのだ。
 ただし、LINE Payで送金を行うには“本人確認”を済ませておく必要がある。LINE Payの本人確認する方法は『LINE Pay(ラインペイ)で「本人確認」して残高と支払い上限10万円を100万円にアップする方法などで確認してほしいが、身分証明書の本人確認は結構面倒だし、送金は基本的にLINE Pay残高から行うので、残高チャージが可能な銀行口座を登録しておくほうが便利だ。LINE Payの「送金」機能を使えば、相手の銀行口座を知らなくてもLINEに登録しているトーク上の友だちにお金(LINE pay残高)の送金ができるし、送金手数料も無料なのでかなり使い勝手がよいのである。

残高が0円の場合は事前にチャージしておこう。まず、トーク画面で「LINE Pay」を開いたら、下にスクロールして「チャージ」をタップする(左画面)。本人確認を兼ねて銀行口座が登録してあれば、必要な金額を入力して「チャージ」を押せばOK!(右写真)

残高があれば送金可能になる。LINE Payの「送金」をタップしよう(左写真)。次に「送金・送付」を選択する(右写真)

LINEの友だち一覧が表示されるので、送金したい相手を選択しよう(左写真)。金額を入力してコメントや添付画像を選択したら、画面下の「送金・送付」を押せばいい(右写真)

「確認」を押せば送金が実行される(左写真)。相手のトーク画面にもこのような画像が表示される(右写真)。通常は数秒で相手に送金されるので超便利!

LINE Payで友だちに送金、銀行振込する方法 実際に使ったらメチャ便利だった!!のページです。オトナライフは、【マネーLINELINE payQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。