【Windows 10】「IMEが無効です」と表示されたときの解除手順を解説!

【Windows 10】「IMEが無効です」が表示されたときの解除手順

 Windows 10で「IMEが無効です」が表示されてしまう原因がわかったところで、次は「IMEが無効です」が表示されてしまった時の対処法として、「IMEが無効です」の解除手順を見ていこう。「IMEが無効です」に悩まされている方は、まずはこれから紹介する対処法を試していただきたい。

・手順【1】パソコンを再起動する

 「IMEが無効です」が表示された時の対処法の対処手順として、一度パソコンの再起動を行う。場合によっては対処法の対処手順をすべて行わなくてもこの段階で「IMEが無効です」を解除できることもある。
 Windows 10で再起動を行う時は、スタートメニューから直接再起動を指定する手順で行うようにしよう。一度、シャットダウンして手動で起動させる再起動方法では、Windows 10でデフォルトで有効になっている「高速スタートアップ」により、「IMEが無効です」が解除できないこともある。再起動では高速スタートアップは無効になるので、この対処法を試すときには、直接「再起動」ボタンを押して再起動させることを覚えておいてほしい。
 再起動後は、次の対処法の対処手順に移る前に一度、「IMEが無効です」が解除されていないか確認してみよう。再起動を行うことでシステムが一度リセットされて「IMEが無効です」が正常に利用できる状態になっている可能性もある。「IMEが無効です」が正常に使えるようになっている場合は、これ移行の対処法の対処手順は不要だ。

スタートメニューから再起動しよう

・手順【2】言語バーを表示させる

 「IMEが無効です」が再起動で解除されない時の対処法の手順として、次は言語バーの表示を行ってみよう。IMEが無効になっている場合は言語バーから、IMEが無効になっている状態を解除できる可能性がある。言語バーを非表示にしている方は、いちど言語バー表示させる対処法でIMEが無効になっている状態を解除できないか試してみよう。

言語バーを表示させるには、「設定」→「デバイス」→「入力」→「キーボードの詳細設定」に進もう

キーボードの詳細設定を開いたら「言語バーオプション」をクリックだ

言語バーの項目で表示場所を選ぼう

・手順【3】IMEを有効にする

 「IMEが無効です」を解除するこれまでの対処法の対処手順を行っても、まだIMEが無効のままの状態になっているときには、手動でIMEを起動させる対処法試してみよう。IME自体は「ctfmon.exe」というアプリだ。IMEが無効の状態では「ctfmon.exe」が起動できないと考えることができる。

「ctfmon.exe」を起動するには、Ctrl + Rでファイル名を指定して実行を起動して、名前の部分に「ctfmon.exe」を入力して「OK」で実行しよう

【Windows 10】「IMEが無効です」と表示されたときの解除手順を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスIMEが無効ですwindows10ノートパソコンパソコン設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。