「インターネットなし、セキュリティ保護あり」表示について解説!

「インターネットなし、セキュリティ保護あり」表示が出た時の対処法(Wi-Fiの場合)

 Wi-FiでLAN接続している場合に「インターネットなし、セキュリティ保護あり」が表示される時の設定など確認・変更方法を見ていこう。

・「アダプターの設定の変更」画面を表示する

 Wi-Fi接続の場合は設定が正しいか確認してみよう。

パソコンに内蔵されているWi-Fiアダプターの設定を確認・変更する。まずは「アダプターの設定の変更」画面を表示したいので、「Ctrl」+「R」でファイル名を指定して実行を起動して「ncpa.cpl」と入力して実行しよう

・IPアドレス設定の変更をする

 「ncpa.cpl」でアダプターの設定を開くことができる。IPアドレスを自動で取得するための設定を行おう。

現在利用しているアダプターのプロパティを開き、「インターネットプロトコルバージョン 4 (TCP/IPc4)」をダブルクリックして詳細画面を開く。その後、「IPアドレスを自動的に取得する。」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れよう

・接続の確認をする

 自動的にIPアドレスが設定されるので、少し待ってから接続ができているか確認してみよう。なお、企業などでIPアドレスやDNSが指定されている場合はそのアドレスに設定しよう。

・セキュリティソフトを再インストールする

 どうしても接続できない場合、セキュリティソフトが通信を遮断している可能性がある。その場合一度セキュリティソフトを停止してみたり、セキュリティソフトを再インストールして挙動を確かめてみよう。

「インターネットなし、セキュリティ保護あり」表示について解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスLANWi-Fiインターネットなしセキュリティ保護ありノートパソコンパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。