ブラウザに表示される「Access Denied」のエラーの解決法を解説!

インターネットを楽しんでいて「Access Denied」というエラーに遭遇したことはないだろうか。「Access Denied」というエラーの意味と解決方法を紹介する。「Access Denied」で悩んでいる方はぜひ、本記事を参考にしてほしい。

「Access Denied」とは?

 「Access Denied」というエラーをご存知だろうか。インターネットでWebサイトを楽しんでいる時にブラウザに表示されるエラーである。まずは、「Access Denied」とはどのような時に表示されるエラーなのか確認していこう。「Access Denied」で悩んでいる方も必見だ。

・Webサーバーが返すエラーメッセージの一つ

 「Access Denied」とは、特定のエラーが発生した時に各サイトのデータを発信しているWebサーバーが返すエラーの一つだ。「Access Denied」が返されると、ブラウザはWebサイトを表示できないので「Access Denied」というエラーメッセージを表示する。つまり、「Access Denied」というメッセージが表示されたときには、ブラウザはサイトの情報を取得できていないのだ。

・特定のブラウザからのみ特定のサイトへのアクセスができない

 「Access Denied」というエラーが表示されるときには、特定のブラウザから特定のサイトへのアクセスができない場合がほとんどだ。そのため、別のブラウザを利用したり別のサイトにアクセスしてみると正常に表示される場合がある。すぐに確認したいサイトで「Access Denied」が表示されてしまったときには、一旦別のブラウザでそのサイトにアクセスしてみると閲覧できる可能性が高いので覚えておこう。

「Access Denied」のエラーが出る原因は?

 「Access Denied」はWebサーバーのエラーが原因と思われがちだが、実はそのエラーの原因にはサイトにアクセスしたユーザー側の、Cookieやキャッシュの異常がある。CookieやキャッシュはWebサイトの情報を一時的にブラウザに保存しておく機能のことだ。通常、はじめてアクセスしたWebサイトの情報はCookieやキャッシュに保存される。このCookieやキャッシュの異常が原因で、Webサーバーはサイトデータを配信できずに「Access Denied」と返してしまう原因になっているのだ。

ブラウザに表示される「Access Denied」のエラーの解決法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAccess DeniedChromeCookieEdgeInPrivateブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。