「無限くら寿司」って何?「くら寿司(EPARK)」アプリでの予約方法と利用時の注意点まとめ

「トリキの錬金術」で注目を集めた「Go To Eat(イート)」だが、今度は「無限くら寿司」が話題となっている。この「無限くら寿司」という手法を使えば、合法的に「くら寿司」で無限にタダ飯が食えるというが、これはいったいどういうことなのか? そこで今回は「無限くら寿司とは何か?」「無限くら寿司のやり方」、そして「くら寿司(EPARK)」公式アプリを使った、失敗しない予約方法や注意点などを写真入りで解説しよう。

食事の予約でポイントがもらえる「Go To Eat」とは?

(Image:kurasushi.co.jp)

 アナタは2020年10月からスタートした「Go To Eat(イート)」を利用しているだろうか? Go To Eatは「ぐるなび」や「食べログ」などの指定飲食予約サイトで食事の予約をすると、次回以降の食事で使えるポイントが昼食で1人500円、夕食(15時以降)で1人1,000円分が還元されるお得な制度。詳しくは→こちらを参考にしてほしいが、たとえば家族4人で4,000円の夕食をすれば4,000ポイント還元されるので、実質タダで食事ができるというわけだ。
 だが、当初Go To Eatには利用金額に制限がなかったため、これを悪用した「トリキの錬金術」が問題となった。これについては→こちらで解説しているが、その手口は「鳥貴族」の夕食を1人で予約して1,000ptをもらっておきながら、お店では328円の料理を1品しか頼まず差額の673円を儲けるというもの。もちろん、現在では昼食は税込1人500円以上、夕食は1人税込1,000円以上利用することが条件となったので、すでにトリキの錬金術は封印されている。ところが、ここにきて注目されているのが「無限くら寿司」だ。

■Go To Eatの基本

(1)ぐるなび、たべログ、Yahoo!ロコ、EPARKなど指定飲食予約サイト(13社)で予約するのが条件
(2)ランチは1人500pt・夕食(15時以降)は1,000ptが付与される(次回の食事の支払いで利用可能)
(3)1回の予約で10人分(1万円)が上限
(4)ランチは1人税込500円以上・夕食は1人税込1,000円以上の利用が条件
(5)ポイント付与期間は2021年1月末(予算がなくなりしだい終了される)
(6)ポイントの利用期限は2021年3月末まで

(Image:gotoeat.maff.go.jp)

農林水産省が主導するGo To Eatは、当初「トリキの錬金術」のように、少額注文で儲ける悪質な行為も可能だったが、現在は最低利用金額が設定されている

「無限くら寿司」って何?「くら寿司(EPARK)」アプリでの予約方法と利用時の注意点まとめのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフEPARKGoToEatGoToキャンペーンくら寿司無限くら寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。