オフィスはいらない!? サテライトオフィスのメリット・デメリットとは?

新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、多くの企業がテレワークの導入を急ピッチで始めた。最近では「第3波」の影響で、またしてもテレワークを復活させる企業も出てきているようだ。しかし、リモートワークによって「仕事に集中できるスペースが自宅にない」といった悩みを抱える人もおり、企業にとっては大きな課題となっている。そんな中注目が集まっているのが、「サテライトオフィス」だ。
今回はオフィスに関する調査結果とサテライトオフィスのメリット、デメリットについてお伝えしていきたい。

オフィスは必要?それとも不必要?

バーチャル空間にオフィスをつくる仮想オフィスもあるそうだが……

 不動産総合サービス会社ジョーンズ ラング ラサールが2020年5月に実施した「COVID-19が従業員に与えた影響に関する調査」によると、世界のオフィスワーカーの77%がテレワークに対して「問題なかった」と答えている。しかし、「オフィスに戻りたい」と感じる人は58%と半数を超えている。さらに、日本ではオフィスに戻りたい理由1位は「業務に集中できる環境」だからだった。

 リモートワークが進む一方、自宅などで集中して仕事に取り組めない人におすすめなのが、サテライトオフィスである。サテライトは衛生を意味する英語の「satellite」から来ており、本拠地であるオフィスを中心として衛星のように設置されるオフィスがサテライトオフィスだ。通常のオフィス同様、通信環境が整備されているのが一般的である。

オフィスはいらない!? サテライトオフィスのメリット・デメリットとは?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスサテライトオフィステレワークリモートワーク在宅勤務】の最新ニュースをいち早くお届けします。