ドコモは2,980円の「ahamo」だけじゃない、5Gプラン容量無制限で1,000円値下げへ

月額2,980円という驚きの値段で注目されたドコモ(docomo)の新格安プラン「ahamo(アハモ)」。だが、ドコモはそれに留まらず、2020年12月18日には、最新の「5Gプラン」まで容量無制限にして1,000円値下げすると発表した。さらに、他の料金プランについても大幅に見直しを発表している。そこで今回は、怒涛の攻めを見せ続けるドコモの最新事情をまとめてみたぞ。

ドコモユーザーは「ahamo」乗り換え時MNP不要に!

 2020年12月3日、ドコモ(docomo)は新格安料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。「ahamo」は、データ通信量20GB+1回5分間の無料通話セットで月額2,980円という驚きの低価格であったことから、大いに話題となったのはご存じだろう。「ahamo」の詳細については→こちらで確認してほしい。ただ、当初の発表では、「ahamo」への乗り換えはドコモユーザーであってもMNP(携帯電話番号ポータビリティ)手続きが必要とされていたが、その後、公式サイトでもっと簡単に移行できるシステムに変更すると発表している。ネット専用プランとはいえ、MNPも不要となれば、ますます「ahamo」に乗り換える人が増えると予想される。
 なお、ドコモは2020年12月18日、ドコモから他キャリアに乗り換えるMNP手数料3,000円(プランによっては2,000円)についても2020年4月1日以降は0円にすると発表している。

(Image:ahamobile.jp)

「ahamo」はドコモの新格安料金プラン。申し込みはネットのみでドコモショップの店頭では手続きできないが、データ通信量20GB+1回5分無料通話セットで月額2,980円という破格の安さが話題に!

「ギガライト」に1GB上限で1,980円を設定可能に!

 月額2,980円という低価格プラン「ahamo」を打ち出したドコモだが、ドコモの攻勢はこれだけではない。2020年12月9日には、段階制料金プランの「5Gギガライト」と「ギガライト」において、「ギガプラン上限設定オプション」を2021年3月1日より提供すると発表した。
 そもそも現状の「ギガライト」は、上限の7GBまで段階的に料金が上がっていくプラン。現在は1GBまで(ステップ1)、3GBまで(ステップ2)、5GBまで(ステップ3)、7GBまで(ステップ4)で料金が変化するようになっているが、「ギガプラン上限設定オプション」に申し込むと、上限を1,980円の1GB(ステップ1)に設定できる。この場合、1GBを超えても料金は変わらず、通信速度が128kbpsに制限されるだけとなる。「ギガプラン上限設定オプション」を適用するには「My docomo」から自分で申し込む必要があるが、2020年2月18日から申込受付が開始されるので、毎月3GBもデータ通信量を使っていない人にとってはうれしい措置であろう。

(Image:nttdocomo.co.jp)

「ギガライト」で「ギガライト上限設定オプション」を設定すると、データ通信量1GBまでのステップ1(1,980円)が上限となる。もし、1GBを超過した場合は128Kbpsに速度制限されるが、料金は1,980円のままだ

ドコモは2,980円の「ahamo」だけじゃない、5Gプラン容量無制限で1,000円値下げへのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GプランahamoNTTドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。