【マイナポイント】21年9月まで延長で今から申し込むならどこがお得?

「マイナンバーカード」取得者がキャッシュレス決済を利用することで、1人最大5,000円(25%)もポイント還元される「マイナポイント」。アナタはもう申し込んだだろうか? 実はマイナポイントは、2021年3月までの予定で4,000万人分の予算が用意されていたが、申し込み者はまだ1,000万人しかいない。そこで政府は2021年9月までマイナポイント制度を延長し、予算も1,000万人分上乗せする方針だ。つまり、マイナポイントは今から申し込んでも十分間に合うのである。そこで今回はマイナポイントの基本と、どのキャッシュレス決済サービスがお得なのか解説する。

マイナポイントは予算増額のうえ21年9月まで延長!

 

 アナタはもう「マイナポイント」に申し込んだだろうか? マイナポイントとは、マイナンバーカードを取得した人がコンビニやスーパーなど日常の買い物でキャッシュレス決済すると、25%(上限5,000円)のポイントが付与されるお得な制度。家族4人なら子どもも含め、最大2万ptももらえるのだ。
 そもそもマイナポイント制度は、2021年3月までの予定で、予算は4,000万人分(2,000億円)が用意されていたが、マイナンバーカードの交付枚数は2021年1月時点で3,076万枚、普及率は24.2%。マイナポイントの申込者数も2021年1月時点で1,120万人にすぎないため、政府は更なるマイナンバーカード普及を目指して、マイナポイント制度を2021年9月まで延長し、予算も1,000万人分(250億円)増やす方針である。
 したがって、マイナバーカードの取得は申し込みから1カ月以上かかるものの、今から申し込めば十分間に合うのである。なお、マイナポイントの詳細については→こちらで確認してほしい。

■マイナポイントの基本
【1】マインバーカード取得者が申し込める
【2】ポイント還元は利用額の25%(上限は1人最大5,000pt)
【3】実施期間は2020年9月〜2021年3月末の予定 
※2021年9月まで延長され、予算も1,000万人分(250億円)追加される方針
【4】ポイント還元を受けるにはキャッシュレス決済事業者をひとつだけ選ぶ必要あり
【5】キャッシュレスの申し込みは、スマホ、パソコン、コンビニのマルチコピー機、セブン銀行ATM、郵便局やみずほ銀行、役所などに設置された専用機などで可能

まずは、マイナンバーカードを取得しよう。ナイナンバー通知カードと顔写真があれば、役所に行かなくても申し込みは可能。ただし、交付までには1カ月以上かかる

【マイナポイント】21年9月まで延長で今から申し込むならどこがお得?のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いICOCALINE paySuicaWAONマイナポイントマイナンバーカードメルペイゆうちょPay】の最新ニュースをいち早くお届けします。