KDDIの新プラン「au」「UQ mobile」「povo」結局どれがお得? 特徴や注意点まとめ

「UQ mobile」は500円値下げ+5GB増量!

 auのサブブランド「UQ mobile」も、2021年2月から500円の値下げとデータ容量を増量した「くりこしプラン」を提供することになった。詳しくは→こちらで確認してほしいが、これまでは3GBの「スマホプランS」が月額1,980円、10GBの「スマホプランR」が月額2,980円、20GBの「スマホプランV」が月額3,980円で提供されており、「UQ家族割」を適用することで500円割引きされていた。
 しかし、新プラン「くりこしプランS」(3GB)は家族割なしで500円安い月額1,480円に。「くりこしプランM」と「V」は、データ容量を5GB増量されたうえで、それぞれ500円値下げされる。1人でも最初から安いうえに、余ったデータ量は翌月に繰り越せるのが魅力となっている。ただし、かけ放題は含まれておらず、「月60分定額通話プラン」が月額500円で追加できるようになっている。もちろん、店頭での契約も可能だ。

(Image:uqwimax.jp)

以前から、auより格安なプランを提供している「UQ mobile」。月3GBの「スマホプランS」は月額1,980円と格安で、「povo」と違い店頭で契約できるのがポイント

従来の料金プランとの比較。月3Gのプランは家族割なしで500円安くなっただけだが、10GBと20GBのプランは5GB増量したうえで500円値下げされている

「povo」はかけ放題がオプションで月額2,480円!

 ドコモの「ahamo(アハモ)」やソフトバンクの「Softbank on LINE」に対抗して、2021年3月から提供されるKDDIの「povo(ポヴォ)」は、オンライン専用の格安ブランドとなる。 詳しくは→こちらで詳細を確認してほしいが、データ容量は20GBで月額2,480円と驚きの激安料金となっている。また、1回5分かけ放題プランは月額500円のトッピング(オプション)となっており、24時間データ使い放題が200円で追加できるなど、自分好みでプランをカスタマイズできるのが、いかにもデジタルネイティブな若者向けプランである。

(Image:povo.au.com)

月額500円の1回5分かけ放題をオプションにしたことで、月額2,480円という最安価格を実現した「povo」。その代わり店頭での契約はできない

(Image:povo.au.com)

「1回5分かけ放題」だけでなく「24時間データ使い放題」「通話かけ放題」「データ追加1GB」などはトッピング(オプション)で申し込めるようになっている

KDDIの新プラン「au」「UQ mobile」「povo」結局どれがお得? 特徴や注意点まとめのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidauKDDIpovoUQモバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。