【Windows 10】「パソコンが異常に重い」ハードディスク使用率100%の場合の改善策とは

アナタのパソコンは毎日快調にサクサク動いているだろうか? もし、パソコンの動作が異常に重いと感じるなら、一度「タスクマネージャー」でハードディスク(以下HDD)の使用率が100%になっていないか確認してみよう。もしかすると、HDDへの過度なアクセスが原因かもしれない……。そこで今回は、パソコンのHDDの使用率が100%なのが原因で動作が重い場合の改善策を紹介しよう。

まずはタスクマネージャーでHDDの使用率を確認!

 パソコンを長年使っていると、少しずつ動作が重くなっていく。とくに低スペックのパソコンなのに無理やりWindows 10にアップデートした場合は、パソコンの動作が以前より極端に遅くなってしまうこともある。そんなときは、一度「タスクマネージャー」を開いてHDDの使用率が100%になっていないか確認してみよう。もちろん、パソコンの電源を入れてしばらくの間は、どんなパソコンでもさまざまなアプリを起動したり、準備をするためにHDDへのアクセスが頻発して使用率が100%になってしまうことが多いが、いつまでたってもHDDの使用率が100%のままだという人は、バックグランドで動いているWindowsサービスなどを無効にしてみよう。これによってHDDへのアクセスが減り、動作が改善される場合がある。

「タクスクマネージャー」は、タスクバーの何もない部分を右クリックすれば表示できる(上写真)。上のタブで「パフォ—マンス」を選択すると、HDD(ディスク)の使用率が確認できる。もし、HDDの使用率が100%なら動作はメチャメチャ遅いはずだ

【Windows 10】「パソコンが異常に重い」ハードディスク使用率100%の場合の改善策とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスHDDWindows 10パソコンパソコンが重い】の最新ニュースをいち早くお届けします。