楽天カードが公共料金支払いのポイント還元率を0.2%に改悪! 1%を維持する方法は?

先日「楽天ゴールドカード」を使って楽天市場で買い物しても、付与されるポイントが従来の半分になると発表してプチ炎上したばかりの「楽天カード」だが、今度は公共料金支払いのポイント還元率をいきなり1%から0.2%に引き下げると発表した。果たして公共料金の支払いでも、今までどおり1%ポイント還元を死守する方法はあるのだろうか?

公共料金支払いのポイント還元率が1/5に激減!

 ここのところ「楽天カード」のルール改悪が続いている。まず、2021年1月14日、「楽天ゴールドカード」を使って楽天市場で買い物しても、2021年4月1日からは付与されるポイントが「+4倍」から「+2倍」に半減されることになった。このルール変更については→こちらで対応策を解説している。
 次に、2021年3月1日には「楽天カード」で公共料金等の支払いをしてもらえるポイントの還元率を、2021年6月利用分から大幅に引き下げると発表したのだ。詳しくは→こちらで確認してほしいが、楽天カードではこれまで電気、ガス、水道、税金、国民年金といった公共料金の支払いで、100円につき1pt(1%)還元されていたものが、500円につき1pt(0.2%)還元に変更されることになったのである。いきなり1/5もポイント還元率が下がってしまっては大損だ。何とかして1%ポイント還元を死守する方法はないのだろうか?

■楽天カードの公共料金等支払いに関するルール変更
【変更の対象となる利用分】
・公共料金(電気、ガス、水道)
・税金(自動車税・固定資産税など)
・国民年金保険料
・Yahoo!公金支払い

【楽天ポイント進呈条件】
[変更前]100円につき1pt(1.0%)
[変更後]500円につき1pt(0.2%)

【適用開始日】
2021年6月1日

(Image:rakuten-card.co.jp)

こちらが楽天カードのルール改悪のお知らせ。2021年6月より、一部の公共料金等を支払っても0.2%しかポイント還元されないことになった

楽天カードが公共料金支払いのポイント還元率を0.2%に改悪! 1%を維持する方法は?のページです。オトナライフは、【マネー改悪楽天楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。