【Apple ID】作成する方法とできないときの対処法や注意点を解説!

iPhoneやiPad、Macを利用するためにはApple IDが必要である。しかし、Apple IDが作成できないことがある。この記事では、Apple IDの作成方法と、作成できない場合の原因と対処法について詳しく解説する。

Apple IDを作成するにあたっての注意点

(Image:support.apple.com)

 Apple IDとは、Apple社がApple社製品を利用するユーザーをデバイスに対して認証するための認証方法である。ユーザーがiPhoneやiPad、MacといったApple社製品を利用するためには、必ず有効なメールアドレスとパスワードを登録した Apple IDを作成する必要がある。

 しかし、Apple IDを作成しようと思っても作成できないことがある。Apple IDの作成ができない場合にはもちろん原因と、原因に対する対処法がある。しかし、Apple IDの作成にあたっては、事前に理解しておいた方がいい注意点もある。Apple IDの作成ができない場合の原因が、注意点を理解していない場合もあるので、まずはApple ID作成においての注意点を確認しておこう。

【注意点①】13歳未満のユーザーは作成できない

 Apple ID作成においての1つめの注意点は、Apple IDの作成には13歳以上という年齢制限があるという点である。13歳未満は保護者が作成するファミリー共有でのApple IDのみ所有が可能である。13歳未満は保護者の管理を受けない自分だけのApple IDを作成して所有することはできないという注意点に気をつけよう。

 13歳未満ではApple IDの作成ができない理由は、勝手にアプリを購入したり、子どもには使わせたくなりアプリを使用したり、深夜までiPhoneを使い続けて生活に支障をきたしたりすることがないように、親が子どものiPhoneやiPadなどの使用を管理できるようにするためである。

 Apple IDの作成には誕生日の入力が必須である。誕生日はアカウントがロックされた時の解除方法などにも使われるので、正確に入力する必要がある。年齢制限に対する注意点として、万が一誕生日に嘘をついても、アカウントロックされてしまったときに登録した誕生日を思い出せないと永久にアカウントはロックされたままになる。誕生日は正確なものを登録しよう。

【注意点②】支払い方法は未設定でも作成できる

 Apple IDの作成時には支払い方法の登録も求められる。しかし、支払い方法の登録はスキップしても問題ない。現在、Apple IDで利用できる支払い方法は次の通りだ。

●Apple Pay
●クレジットカード及びデビットカード
●App Store & iTunes ギフトカード

 しかし、これらの支払い方法は、Apple ID作成後でも追加可能な点も注意点として覚えておこう。

【注意点③】メールアドレスの登録が必要になる

 Apple IDの作成には必ずメールアドレスを登録しなければいけない点も注意点として頭に入れておこう。Apple IDは1つのメールアドレスに対して1つのIDが紐付けられる。携帯電話番号だけではApple IDを登録できない。

 Apple IDを作成するためには、必ず作成前にメールアドレスを用意しておこう。また、複数のApple IDを作成したい場合にも、ID一つにつき1つのメールアドレスが必要である。

【Apple ID】作成する方法とできないときの対処法や注意点を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスApple IDiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。