【Android】格安スマホ(ahamo・povo・楽天モバイル)に機種変更&簡単に乗り換える方法!

ahamoやpovo、楽天モバイルなどのお得なプランに乗り換えるタイミングで、スマホも機種変更したいと考えている人は多いだろう。でも、いったいどうすればいいの? そこで今回は、実際に筆者がAndroidスマホから「OPPO Reno5 A」に乗り換えてみたので、その方法を写真入りで紹介しよう。実は、Androidスマホ同士の乗り換えはGoogleアカウントを使えば超簡単にデータの移行ができるのだ!

Androidスマホ同士ならGoogleアカウントで乗り換え可能!

 ahamoやpovo、楽天モバイルなど、従来のプランよりかなり格安なプランが登場したことで、キャリアを乗り換える人が増えている。そのタイミングで新しいスマホに機種変更したいという人も多いはずだ。そこでここでは、筆者が実際にAndroidスマホ同士で乗り換えを行ったので、その手順を紹介しよう。実は、Androidスマホ同士の乗り換えは、Googleアカウントを利用することで、古いスマホのアプリや設定などのデータを丸ごと新しいスマホにコピーできるので、超簡単に乗り換えられるぞ。

 今回利用するのは古いスマホが「ZenFone 5Q」で、新しいスマホは「OPPO Reno5 A」である。「OPPO Reno5 A」は4万円前半の中華製スマホだが、おサイフケータイや防水・防塵に対応するほか、eSIMのデュアルSIMにも対応するコスパに優れた5Gスマホ。筆者のように楽天モバイルをeSIMで利用し、データ専用の格安SIM(nanoSIM)とデュアルSIM(DSDV)運用するにはピッタリの機種だ。DSDVについては→こちらで確認してほしい。 

「OPPO Reno5 A」は中華製スマホだが、メモリ6GB、ストレージ128GBと高性能。しかも、おサイフケータイや防水・防塵にも対応する全部入りの超高コスパ機だ

SIMカードはデュアル対応だが1スロットはSDカードと排他利用となる。ただし、SIMフリー版はeSIMにも対応するので、SDカードを使用したうえでデュアルSIM(DSDV)運用ができるのだ(Y!mobile版はeSIMに非対応なので要注意!)

スマホを2台並べてGoogleアカウントでデータ移行!

 Googleアカウントを使えば、簡単に古いスマホの設定を丸ごと新しいスマホにコピーできる。しかし、古いスマホに保存してある写真やデータは、あらかじめクラウドやSDカードなどにバックアップしておくこと。そして、もうひとつ気をつけたいのが「LINE」である。LINEのトーク履歴は乗り換えの前にバックアップしておかないと、新しいスマホ側で再現することができないのだ。

 それでは、実際にAndroidスマホのデータ移行を行ってみよう。まず、旧スマホ(ZenFone 5Q)はGoogleアカウントにログインした状態にしておくこと。また、新品スマホ(未開封・SIMフリー版OPPO Reno5 A)の電源を入れたら、新旧2台のスマホを並べた状態で作業を行う必要がある。

 最初に新スマホ側で「言語選択」と「地域を選択」を「日本(語)」に設定したら、自宅のWi-Fiに接続する。次に「データの引き継ぎ」画面で「Androidスマートフォンのバックアップ」を選択したら、今度は古いスマホのほうで「デバイスのセットアップ」を検索しよう。すると、「デバイスのセットアップ」画面が表示されBluetoothで新しいスマホと同期される仕組みになっている。このあとは、新旧2台のスマホに表示される指示に従いながら操作していけば、20〜30分程度でデータ移行作業が完了するはずだ。

まずはLINEのトーク履歴をバックアップしよう。LINEアプリのホーム画面右上にある「設定」を押したら(左上写真)。「トーク」を選択する(左下写真)。次に「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップしよう(右写真)

複数のGoogleアカウントを利用している場合は、どれかひとつを選択して「Googleドライブにバックアップする」を押すと(左写真)、バックアップが実行される(右写真)

ここからは新スマホの操作。電源を入れると「言語選択」が表示されるので「日本語」を選択したら、画面下の「次に」を押す(左写真)。「地域を選択」では「日本」を選択しよう(右写真)

OPPOの場合は、サービスやセキュリティに関する同意書が表示されるので同意して画面を先に進める(左写真)。「Wi-Fiに接続する」では、利用可能なWi-Fiのパスワードを入力して接続しよう(右写真)

Wi-Fiアシストをオンにするとスマホのアップデート確認が始まるのでしばらく待とう(左写真)。すると「アプリとデータのコピー」画面が表示されるので、「次へ」をタップする(右写真)

データの引き継ぎ画面では「Androidスマートフォンのバックアップ」を選択(左写真)。この画面が表示されたら、古いスマホのGoogleアプリで「デバイスのセットアップ」と検索して「次へ」を押す(右写真)

古いスマホ側のGoogleアプリで「デバイスのセットアップ」と検索すると「デバイスのセットアップ」が表示されるので、これをタップ(左写真)。スタートガイドで「次へ」を押す(右写真)

新旧2台のスマホがBluetoothで接続されてリンクされている。新しいスマホと古いスマホに表示されるコードが同じなのを確認したら、古いスマホの「次へ」をタップする

続いて古いスマホのほうで「新しいデバイスへのコピー」画面が表示されるので、「コピー」をタップする

新しいスマホ側で「アプリ」「デバイスの設定」「通話履歴」にチェックを入れたら、「復元」を押そう

新しいスマホに「Googleサービス」の画面が表示されたら「Googleドライブのバックアップ」をオンにして、「もっと見る」をタップ(左写真)。その他の内容も確認したら「同意する」を押す(右写真)

このあとも、新しいスマホのほうで、いくつかの設定項目が表示されるが、あとで設定可能なのもは「後で行う」や「いいえ」と答えて構わない

作業が完了すると、ご覧のように古いスマホ(右)から新しいスマホ(左)にAndroidのデータが丸ごとコピーされている。もちろん、新スマホの壁紙はあとで好みのものに変更できるぞ!

各アプリのログインとLINEのトーク復元を行う

 古いスマホから新しいスマホにAndroidのデータがコピーされたら、新しいスマホのほうにSIMカードを挿入してAPN設定を実行しよう。APN設定については→こちらで確認してほしい。筆者は、楽天モバイルのeSIMも設定して格安SIM(3GBデータ専用)+楽天モバイル(1GB以下・通話無料)のデュアルSIM(DSDV)環境を構築してみた。

 Googleアカウントに紐づいているサービスはそのまま引き継がれるので、Gmailも自動設定されているし、Chromeに保存してあるパスワードなども有効だ。このとき、新しいスマホの方では古いスマホで使っていたアプリのインストールが自動的に開始されているので、アプリのインストールが終わったら、アプリ一つひとつにログインしていく必要がある。とくにスマホ決済アプリやネット銀行アプリなどは、すべてログイン後に本人確認作業しないといけないので、これにはかなり時間がかかるだろう。そして、LINEアプリにログインしたら、古いスマホでバックアップしたトークの復元作業を実行しよう。これでとりあえず、スマホの乗り換え作業は完了だ。

データ移行が終了したあとは、自動的に古いスマホで使っていたアプリがインストールされる。インストールされたアプリを開いて、ログインや本人確認作業を進めよう

「SIM1」がドコモ回線の格安SIM(nanoSIM)で、「SIM2」が楽天モバイル(eSIM)になる(左写真)。デュアルSIM運用なので、スマホのアンテナが2本立っているのが確認できる(右写真)

LINEアプリを起動してログインしたら、アカウント引き継ぎ認証を行うため「続行」を押す(左写真)。引き継ぐアカウントを確認して「ログイン」をタップしよう(右写真)

バックアップに利用したGoogleアカウントを選択したら「トーク履歴を復元」を押す(左写真)。すると、古いスマホのトーク履歴が復元される(右写真)

【Android】格安スマホ(ahamo・povo・楽天モバイル)に機種変更&簡単に乗り換える方法!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoAndroidpovo格安スマホ楽天モバイル機種変更】の最新ニュースをいち早くお届けします。