どうなる「WAON」「WAONポイント」? イオンのスマホ決済機能「AEON Pay」が9月から登場!

総合アプリ「iAEON」で具体的に何ができるの?

 2021年9月から登場する「iAEON」アプリは、これまでバラバラだったイオンのアプリを統合したアプリ。まず、iAEONでは全国にあるイオングループ約1,000店舗から5店舗を登録でき、キャンペーン情報やクーポンを獲得できるほか、WAON POINTの利用・付与・照会・交換などができる。具体的にはアプリ内でWAON POINTを合算したり、会員コードを提示してWAON POINTを貯めたり支払いに使うことができるようになる。

 さらに、新たに搭載される「AEON Pay」では、イオンマークのついたクレカやデビットカードを登録し、全国のイオンでコード決済ができるようになる。スマホ決済アプリは、すでにPayPayやLINE Pay、au PAY、d払い、楽天ペイなどがしのぎを削る厳しい状況だが、そこにイオンが殴り込みをかける格好だ。もし、「AEON Pay」独自の大型キャンペーンが展開されれば、一気にユーザー数を増やすことになるかもしれない。なお、「AEON Pay」に対応するスマホはAndroid 5.0、iOS 11.0以降で、SMSが受信可能であること(050の電話番号は登録は不可)が条件となる。

(Image:aeon.info)

iAEONではお気に入り店舗を5つ登録できるほか、WAON POINTの照会やバーコードの表示や電子マネーWAONへのチャージなども可能となっている

iAEONでは「モバイルWAON」を利用可能に!

 iAEONではスマホ決済アプリ「AEON Pay」が搭載されるが、そこで気になるなのが電子マネー「WAON」の動向だろう。実は、WAONの累計発行枚数は2020年5月末時点で約8,185万枚に達しており、AEON Payが登場したからといってただちに終了されることはありえない。むしろ、WAON POINTの管理が楽になって電子マネーWAONの利用もしやすくなるはずだ。もちろん、iAEONアプリでもAndroidスマホのおサイフケータイ機能を使った「モバイルWAON」決済に対応するので、今後もイオンの買い物でお得にWAONを利用できるのである。

(Image:aeon.info)

iAEONでは会員コードの表示や新登場の「AEON Pay」のコード払いを実装する。AEON Payの支払いには公式クレカ「イオンカード」を登録して決済できるようになっている

●イオン「イオンのトータルアプリ「iAEON」始動」(公式)は→こちら
●イオン「イオンカードの「ときめきポイント」を「WAON POINT」に変更」(公式)は→こちら
●イオンカード「カード会員さまへ重要なお知らせ」(公式)は→こちら

文=植村照明/編集・ライター

どうなる「WAON」「WAONポイント」? イオンのスマホ決済機能「AEON Pay」が9月から登場!のページです。オトナライフは、【マネーiAEONQRコード決済WAONWAON POINTWAONポイントイオンイオンペイキャッシュレスときめきポイント】の最新ニュースをいち早くお届けします。