中間管理職が「ツラいと思う瞬間」ランキング、2位は部下を指導するとき、1位は?

すでに中間管理職、という読者も多いのではないだろうか。中間管理職とは、部下と上司を持つ管理職のこと。部下をうまくまとめ、指揮・指導するスキルを求められ、さらに自分は社長や部長などの上位管理職の指揮下にあるという、いわゆる“板挟み”の立場でもある。そのことから「中間管理職はツラい」と言われるが、実際にはどのような悩みやツラさを感じているのか。ビジネス上の問題解決を考えるメディア・Biz Hitsの調査で明らかとなった。

まずは第4位まで。ランキング下位の理由だけでも十二分にツラい

今回の調査では「中間管理職に向いていると思いますか」いう質問もあったが、なんと64.7%の人が「自分は向いていないと」思うと答えている

 「中間管理職ってつらい」と思うときの第8位は、「部下の不満を聞くとき」。部下だって人間だから多少弱音や愚痴を吐くこともあるだろう。しかし「シフトの調整が効かないときもあるのに、どうしようもないことで文句を言ってこられるのが困る(40代女性)」など、自分の権限ではどうしようもないことについて不満を漏らされるのはしんどいと感じるようだ。

 同率第6位は「意見が通らないとき」と「上から無理難題をふられたとき」。意見が通らないときの理由としては「自分の意見が通るようで通らない(30代男性)」という自分自身のことはもちろん、「部下の出した結果を上司が認めてくれない」「職制や給与を上げてやりたいが、なかなか承認されない」という部下思いの意見も目立った。こんな中間管理職の下で働きたいものだ。

 同率第4位は「納得できない指示を部下に伝えるとき」と「責任を取らされるとき」。前者は、中間管理職である自分も経営層や上司の指示に納得できていないが、それを部下に伝えないといけないことが時折ある。それが会社員というものといえばそうなのだが、中間管理職だって人である。また、後者の理由には、さらに中間管理職の人間臭さを感じる回答が。「間違いを正しても素直に聞こうという姿勢が見られない部下の起こしたミスですら責任を負わなければいけないこと(50代男性)」。これはツラすぎる。せめて表向きだけでも、部下がしおらしくしてくれれば……。あまりのツラさに辞職がチラついた、役職なんていらない!という人がいるのも納得である。

中間管理職が「ツラいと思う瞬間」ランキング、2位は部下を指導するとき、1位は?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスサラリーマンランキング中間管理職】の最新ニュースをいち早くお届けします。