Windows 11でサポートされない「Office 2013」のバージョンが使えない?

10月5日にアメリカのマイクロソフトが新OS「Windows 11」を一般公開したが、それに続いて、Windowsユーザーが長らくお世話になってきた「Office 2013」がWindows 11ではサポートされないという悲しすぎるお知らせも発表されてしまった。

「Officeさえ使えれば大丈夫」というWindowsユーザーは多いと思うが、いよいよパソコンの買い替えを決断しなければならないときが来たようだ。

苦楽を共にしてきたOffice 2013と、いよいよお別れのとき……って、本当にそうなの?

(Image:A.R Phonetography / Shutterstock.com)

「Officeのバージョンを気にしたことがない」なんて人も実は少なくないのでは?

 マイクロソフトの「Windows Blogs」には、「Office 2013 は Windows 11 ではサポートされない」としっかり明記されている。Office 2013は、後継となる「Office 2019」や「Office 2021」に比べると機能不足な面も多い。しかも、Windows 11がサポートするOfficeの最低バージョンはOffice 2021となるようなのである。

 となるとOffice 2019ユーザーも気を付けないといけないのだが、2019の公式サポートは2025年までとやや先のため、OSをWindows 10のまま、2019をしばらく使い続ける、という手はアリと言えるだろう。

 とはいえOffice 2013を使っている人も、「2013の機能で十分事足りるし、このまま使い続けたい」という人も少なくないだろう。その場合は、Office 2019と同じく、OSはWindows 10のままでOffice 2013を使い続ける、という手段を選ぶことになるわけだが、Office 2013にとっては、それもややいばらの道のようだ。

Windows 11でサポートされない「Office 2013」のバージョンが使えない?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftOffice 2013Windows 10Windows 11】の最新ニュースをいち早くお届けします。