Windows 10っていつまで使えるの? 実はこの先も安全に使うには条件があった!

今すぐWindows 10をアップデートしておこう!

もし、自分のパソコンがWindows 10の最新バージョン「21H2」になっていない場合は、今すぐアップデートしよう。

Windows 10のアップデート方法は、まず「スタート」を右クリックして「設定」を選択したら、「更新とセキュリティ」を選択する。

「Windows Update」で最新版のアップデートの表示があれば「ダウンロードしてインストール」をクリックしてインストールすればいい。もし、「最新の状態です」と表示されていれば、新しいアップデートはないので、そのままで大丈夫だ。

Windows10をアップデートする方法1

アップデートの確認は、まず「スタート」を右クリックして「設定」を選択したら、「更新とセキュリティ」を選択する

Windows10をアップデートする方法2

「Windows Update」で最新版のアップデートがあれば「ダウンロードしてインストール」をクリックしよう(写真は「21H1」の更新プログラム時のもの)

Windows10をアップデートする方法3

もし、「Windows Update」を開いて「最新の状態です」と表示されていれば新しいアップデートはないので問題ない

最新アップデート通知がなかなか来ないときは?

もし、設定を確認しても最新版Windows Updateの通知が来ない場合は、Microsoftの公式サイトから適用させることもできる。

「Windows 10のダウンロード」というページを開いて「今すぐアップデート」をクリックすると、アプリをダウンロードできるので、これをインストールしよう。

ただし、パソコンがアップデートに対応しない場合は、バージョンアップできないこともあるので注意しよう。

アップデート通知がなかなか来ないときの対処法1

Microsoftの公式サイトの「Windows 10のダウンロード」というサイトを開き、「今すぐアップデート」をクリックしよう

アップデート通知がなかなか来ないときの対処法2

すると「Windows10upgrade0000.exe」を入手できるので、これをダブルクリックすることで、今すぐ最新版(21H2)にアップデートすることができる

まとめ

いかがだろうか? そもそもWindows 10を安全に利用するのにWindowsアップデートは欠かせない。まして、2025年10月まで使い続けたいなら、今すぐ最新版(21H2)にアップデートしておこう。

もちろん、Windows 11に対応するパソコンなら、セキュリティ面や機能面ではWindows 10より優れているので、Windows 11にアップグレードしておいたほうがよいだろう。

Windows11へのアップグレード方法はこちらで確認してほしい。

●Microsoft「Windows 10 Home and Pro」(公式)→こちら
●Microsoft「Windows 10のダウンロード」(公式)→こちら

すずきあきら
編集・ライター。パソコン通信時代からネットワークに接しWi-Fiやインターネット、SNSなどに精通。30年に渡って、パソコンやスマホ関連のムック本や雑誌記事を手がけてきた大ベテラン。最近は格安SIMなどのケータイ料金やアプリ、通信費全般の記事を執筆することが多い。

Windows 10っていつまで使えるの? 実はこの先も安全に使うには条件があった!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方Windows 11】の最新ニュースをいち早くお届けします。