ドコモ「#迷惑メール展」のツイートが話題! 古典的なものから意味不明なおもしろ詐欺メールまで

「なんだこれ?」という謎の内容のメールが届いたことはあるだろうか。筆者は最近、「2,400万円が当選しました!」というステキなメールが届いた。ほかにも、「秋山さんから連絡先教えてもらいました。お伺いしたいことがあるので連絡待ってマス」や、「久しぶり!今って電話できる?」など、「誰?まず名乗るべきでは?」という迷惑メールも届いていた。

さぁ、今の話を聞いて「身に覚えがある!」という人は、今すぐそのメールに「#迷惑メール展」とつけてツイッターで投稿しよう!そしてみんなのもとに届いた迷惑メールを覗きにいこう!

ズル賢い言葉に騙されるな!迷惑メールの知識を身につけよう

NTTドコモは2022年2月1日~3月18日の「サイバーセキュリティ月間」に合わせて、「#迷惑メール展」をオンラインで開催している。合言葉は「#みんなでシェアしてみんなを救おう」。届いた迷惑メールをシェアすることで被害に遭う人を減らそう、という目的だ。

総務省発表の「電気通信事業者10社の全受信メール数と迷惑メール数の割合」によれば、日本国内では1日に9億6,000万件以上(2021年8月データ)の迷惑メールが送信されているという。GWやお盆、年末年始などの大型連休や、商戦期(ボーナス時期)、そして自然災害などに乗じてさらに増えるそうだ。

そんな迷惑メールで代表的なのが、フィッシング詐欺メールと、そのSMS版のスミッシング詐欺と呼ばれるショートメール。フィッシング対策協議会によると、2021年のフィッシング報告件数は526,504件。前年比2.3倍(2020年:224,676件)と増加しており、過去最高だそう。「#迷惑メール展」では、通販会社やクレジットカード会社、銀行などを装ったメールに対して、「取引の確認を口実に、カード情報を偽サイトで抜き出す手口です」、「個人情報の確認を促すメールには注意しましょう」などの対処方法も示している。届いた迷惑メールの内容に不安を覚えて、焦ってしまう人もいるだろう。特に、迷惑メールが初めて届いた人にとってはなおさらだ。

そういったときの被害を防ぐためにも、この「#迷惑メール展」で届いた迷惑メールをシェアしてほしい。では、現在シェアされている迷惑メールには、どのようなものがあるのか見ていこう。

ドコモ「#迷惑メール展」のツイートが話題! 古典的なものから意味不明なおもしろ詐欺メールまでのページです。オトナライフは、【SNSで話題Twitterで話題ドコモフィッシング詐欺迷惑メール迷惑メール展】の最新ニュースをいち早くお届けします。