令和ママが一番見ている広告は「SNS」が70.4%。テレビCMの19.7%を大きく引き離す結果に

C Channel株式会社が運営するママ向け動画メディア「mamatas(ママタス)」の「mamatas labo」は2022年2月10〜11日、「SNS広告について」のアンケートを実施。Instagramのストーリーを利用したインターネット調査で、令和ママから5,000件を超える回答を得た。そこで明らかとなったのは、令和ママたちのSNS広告に対する好意的な姿勢だった。

令和ママはSNSで情報収集が常識!?

“テレビ離れ”はママ界隈にも押し寄せてきているようだ(「C Channel株式会社」調べ)

出産や育児に関する情報を得たいと思った際、どのような方法が思いつくだろうか。インターネット検索や、親族や友人の経産婦から話を聞いたり、産院などに置いてある無料の冊子を貰って読んだり……。しかし最近では、SNSで情報収集するという人がかなり多いのではないだろうか。そしてSNSを利用していると、切っても切れない縁なのが広告だ。令和ママたちは、SNSの広告やその他の広告に対して、どのように感じているのだろうか。

ママタスの実施した調査の結果によると、SNS以外の広告も含めて「広告で一番見ていると感じるのはどれ?」という質問の回答で最も多かったのは、「SNS」で70.4%だった。そして2位には「テレビ」19.7%、3位「WEB」8.4%、4位「交通広告」1.5%と続いた。トップのSNSと2位以下の差は歴然で、この結果からも、令和ママたちがSNSを閲覧する時間がいかに長いかが伝わってくる。

産休・育休中で生まれたての子どもを連れての外出もままならず、さらに新型コロナウイルスの流行もあり、現在はなかなか友人にも会いにくい状況だ。よって、SNSで情報を得たり発信したりするのが最も手軽なコミュニケーション方法となっているのだろう。テレビやWEBなどから一方的な情報を得るよりも、情報収集と発信の双方向でコミュニケーションができるSNSが、今一番求められ、利用されていることが分かった。

令和ママが一番見ている広告は「SNS」が70.4%。テレビCMの19.7%を大きく引き離す結果にのページです。オトナライフは、【SNSInstagramSNSTikTokTwitter】の最新ニュースをいち早くお届けします。