楽天モバイルからの乗り換え、本当に「povo2.0」が本命なのか? 楽天ユーザーの筆者が本気で検証!

2022年5月13日、楽天モバイルは月1GB以下なら0円の「Rakuten UN-LIMIT VI」を6月末で終了すると発表した。既存ユーザーは自動的に新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行されてしまうため、7月1日から最低でも月額1,078円の利用料がかかることになる。これまで楽天モバイルを0円運用していたユーザーは、6月までに解約したり、他社に乗り換えるつもりだろうが、果たしてどこに乗り換えるのが正解なのだろうか?

ついに楽天モバイル0円運用が終了! 7月から最低1,078円かかることに……

第4のキャリアとして2020年4月から本格的なサービスを提供してきた「楽天モバイル」は、加入者数を増やすためにデータ通信量が月1GB以下なら0円という破格のケータイプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を展開してきた。

しかし、2022年7月1日より新しいケータイプラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入することで、いよいよ月1GB以下なら0円というサービスは終了されることになる。

現在、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約中の人は、2022年7月1日に自動的に料金プランが「Rakuten UN-LIMIT VII」へ移行され、最低でも月額1,078円を支払う必要があるので、解約するか他社サービスに移行する人も多いと思う。

ちなみに、キャンペーンの適用により最大4カ月間は、月1GB以下の場合に1,078ptが付与されるなど、実質無料で運用できることになっているので、タイムリミットは2022年10月と考えることもできる。詳しくはこちらの記事で確認してもらいたい。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

7月導入予定の新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、月3GBまでの利用で月額1,078円を支払うことになる。これまで0円運用していた人は解約するか乗り換えることになるだろう

楽天モバイルからの乗り換え先は「povo2.0(ポヴォ)」が最有力候補!

何を隠そう筆者も、楽天モバイルをデュアルSIM(eSIM)でサブ回線として1年以上無料で運用してきた。

しかし、7月からお金がかかるとなれば、申し訳ないがやはり解約するか、他の格安SIMに乗り換えざるを得なくなる。

筆者の場合、メイン回線は他キャリアを利用しているのでそのまま解約してもいいが、イザというときのためにデュアルSIMをキープしたいという人もいるはずだ。

そうなると、やはり乗り換え候補の筆頭は、auの「povo2.0」ということになるだろう。povo2.0なら、基本料0円で、データ通信量は自分のライフスタイルに合わせて自由にトッピングする仕組みになっている。

データトッピングは24時間使い放題で330円、1GB(7日間)で390円、3GB(30日間)で990円、20GB(30日間)で2,700円などが用意されており、自由に選択できるので使いやすいのだ。

ただし、半年に1回は何かしらのトッピングを購入しないと、契約を解除されることがあるので、220円で購入できる「smash.使い放題パック(24時間)」を年に2回購入すればいい。つまり、povo2.0の維持費用は年間たった440円で済むのである。

ちなみに、2022年5月15日現在、予想通りpovo2.0への申し込みが殺到しているようなので、もしかすると、ほかの乗り換え先候補を探している人もいるかもしれない。povo2.0以外の候補についてはこのあとじっくり解説しよう。

●povo2.0→こちら

auの「povo2.0」1(Image:povo.jp)

auの「povo2.0」は基本料0円。24時間使い放題で330円、1GB(7日間)で390円、3GB(30日間)で990円、20GB(30日間)で2,700円など自分の好みでトッピングを購入する仕組み(画像は「povo2.0」公式サイトより転載)

auの「povo2.0」2(Image:povo.jp)

povo2.0でもっとも安いトッピングは「smash.使い放題パック(24時間)」で、金額は220円だ。これを半年に1回購入すれば、povo2.0を維持できるというわけだ(画像は「povo2.0」公式サイトより転載)

auの「povo2.0」3(Image:povo.jp)

楽天モバイルが0円を廃止する日を見越してpovo2.0では基本料を0円にしたのか! と思うとゾッとするが、しばらくは、楽天モバイルからの乗り換え申し込み者が殺到すると思われる(画像は「povo2.0」公式サイトより転載)

楽天モバイルからの乗り換え、本当に「povo2.0」が本命なのか? 楽天ユーザーの筆者が本気で検証!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidnuroモバイルOCN モバイル ONEpovo2.0Rakuten UN-LIMIT VII日本通信格安SIM楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。