楽天モバイル騒動で“棚からぼたもち”の「povo2.0」は申込数2.5倍、業界最大手ahamoに迫る?

“楽天モバイル騒動”の勝者が決定したと言えそうだ。楽天モバイルが、自身のプランの目玉である“0円プラン”の終了を宣言し大きな話題となっているが、そこで伸びてきたのがKDDIの提供する「povo2.0」だ。

今回は、povoが勝者となった理由や、実際に楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えた体験記からあれこれポイントをお伝えしていきたい。

“楽天モバイル騒動”でpovo2.0の申込数が倍増!

povoの本人確認業務のパンクも16日には解消されている

povoの本人確認業務のパンクも16日には解消されている(画像は「povo2.0」公式サイトより引用)

楽天モバイルは5月13日、「月間データ利用量1GBまで0円」という破格の料金設定が特徴となっていた「Rakuten UN-LIMIT VI」を6月いっぱいで終了。7月1日からは新たなプラン「Rakuten UN-LIMIT VII」をスタートさせることを発表した。

UN-LIMIT VIIでは最安値が「3GB以下は980円(税込1,078円)」となり、“0円プラン”を目当てに契約していたユーザーからすれば寝耳に水の話だ。発表直後からSNSでも大きな話題となり、「楽天解約」がトレンド入りしたことでも注目を集めた。

楽天モバイルユーザーは7月になると自動的にUN-LIMIT VIIへと切り替わってしまうため、早々に他サービスへと乗り換える人が続出。楽天モバイルの発表の翌日、14日にはpovoが申込みの集中によって本人確認業務がパンクし、17日にもIIJmioで本人確認業務や商品発送業務が遅延していることが発表された。

KDDIの髙橋誠社長は共同通信のインタビューに対し、楽天モバイルの発表以降、povoの申込みが通常時の2.5倍に増えたことを明言している。まさに“棚からぼたもち”(povoでも0円ユーザーの管理コストがかかってはいるのだが)といったところだろうか。

楽天モバイル騒動で“棚からぼたもち”の「povo2.0」は申込数2.5倍、業界最大手ahamoに迫る?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidahamoaupovo2.0ドコモ格安SIM格安スマホ格安プラン楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。