楽天モバイルからの乗り換え先、各社出そろったプラン検証まとめ! 本当はどこがオススメ?

楽天モバイルは月1GBまで0円の現行プランを2022年6月末で廃止する。これにより7月1日からは最低でも月額1,078円の利用料がかかるため、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉にpovo2.0やLINEMO、IIJmioなどに乗り換える事態となった。ライバル各社もこの動きを見て、急遽お得なキャンペーンを追加するなど、客引き合戦が始まっている。そこで今回は、楽天モバイルのライバル各社のキャンペーンを加味したうえで、どこに乗り換えるのがお得なのか検証してみたいと思う。

「楽天モバイル0円廃止」発表直後からユーザーの大量離脱が始まる!

2022年5月13日、楽天モバイルは突然月1GBまで0円のプランを6月末で廃止、2022年7月1日からは新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入すると発表した。詳しくはこちらの記事を確認してほしい。

しかも、既存ユーザーは全員強制的に新プランに移行されてしまうため、最低でも月額1,078円を支払う必要が出てきた。これにより、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したり他社へ乗り換える騒ぎとなった。

とくに、povo2.0やLINEMO、IIJmioなどでは乗り換え申し込みが殺到し、一時的に本人確認作業やSIMカードの発送が遅れるといった事態となってしまったのである。

楽天モバイルからの乗り換えが殺到したと思われるauの「povo2.0」(Image:povo.jp)

楽天モバイルからの乗り換えが殺到したと思われるauの「povo2.0」。5月14日〜15日にかけて本人確認に時間がかかってしまう事態に。ただし、5月16日19時頃には解消している(画像は「povo」公式サイトより転載)

また、ライバル各社はTwitterで猛アピールを開始。楽天モバイル離脱者の受け皿となるべく、一斉に動き出したのだ。詳しくはこちらの記事を参考にしてほしい。

というわけで今回は、2022年5月22日時点での、楽天モバイル0円廃止で激化するライバル各社の動向やキャンペーンなどをまとめてお伝えしようと思う。果たしてどこに乗り換えるのが正解なのだろうか?

基本料0円で契約できるauの「povo2.0」が大本命!

楽天モバイルを0円運用してきたユーザーの乗り換え先として、もっとも有力なのが基本料0円で契約できるKDDI(au)の「povo2.0(ポヴォ)」だろう。データ量は自分のライフスタイルに合わせて自由にトッピングする仕組みになっている。

データトッピングは24時間使い放題で330円、1GB(7日間)で390円、3GB(30日間)で990円、20GB(30日間)で2,700円などが用意されているので、確かに使いやすい。

ただし、半年に1回は何かしらのトッピングを購入しないと、契約を解除されることがあるので、220円で購入できる「smash.使い放題パック(24時間)」を年に2回購入すればいい。つまり、povo2.0の維持費用は年間たった440円で済むのだ。

●povo2.0(公式)→こちら

KDDIによれば、5月14日〜16日までの3日間だけで、新規&MNP乗り換えにより申込み数は前月比で2.5倍となり、総契約者数でahamoを猛追しているという。

ちなみに、5月20日にはpovo2.0の対応端末(動作確認端末)に楽天モバイルオリジナルスマホ「Rakuten BIG s」と「Rakuten Hand 5G」を追加するなど、あからさまに楽天モバイルユーザー取り込みを意識した動きもみられる。

そんなpovo2.0をさらにお得にしているキャンペーンを見てみよう。まず、2022年5月31日までは「povoフェス 2022 Spring」によって、povo2.0の新規契約には「データ使い放題(24時間)」のプロモコードを10回分を提供。

さらに「povo2.0」開通後、30日以内に初めて購入したデータトッピングに応じて、「データ使い放題(24時間)」のプロモコードを最大20回分プレゼントしている。

「povo2.0」1(Image:povo.jp)

5月31日までの「povoフェス 2022 Spring」では、新規契約に「データ使い放題(24時間)」のプロモコードを10回分を提供。さらに「povo2.0」開通後、30日以内に初めて購入したデータトッピングに応じて、「データ使い放題(24時間)」のプロモコードを最大20回分プレゼントしている(画像は「povo」公式サイトより転載)

●povo2.0「povoフェス 2022 Spring」→こちら

次に、2022年5月20日からは、対象のトッピングの有効期限翌日までに60GBまたは150GBのデータトッピングを購入すると、最大30GBのデータが追加でもらえる「ギガおとな買いキャンペーン」も開催中だ。

「povo2.0」2(Image:povo.jp)

5月20日からは、対象のトッピングの有効期限翌日までに60GBまたは150GBのデータトッピングを購入すると、最大30GBのデータが追加でもらえる「ギガおとな買いキャンペーン」も開催中である(画像は「povo」公式サイトより転載)

●KDDI「povo2.0、60GBまたは150GBのデータトッピングで最大30GBもらえる「ギガおとな買いキャンペーン」を開催」→こちら

実際に楽天モバイルからpovo2.0へ乗り換える方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてほしい。

ちなみに、povo2.0でトッピングを購入しなかったり、有効期限が切れたあとどうなるのかについては、こちらの記事で解説している。

楽天モバイルからの乗り換え先、各社出そろったプラン検証まとめ! 本当はどこがオススメ?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidHISモバイルIIJmioLINEMOnuroモバイルOCN モバイル ONEpovo2.0UQモバイル日本通信楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。