「楽天モバイル」から「povo2.0」に乗り換えないほうがいい人の条件とは?

楽天モバイルは月1GBまで0円の現行プランを2022年6月末で廃止する。これにより7月1日からは最低でも月額1,078円の利用料がかかるため、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したりpovo2.0に乗り換える騒ぎとなった。だが、場合によっては、慌てて楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えないほうがいい人もいる。果たしてその条件とは?

「楽天モバイル0円廃止」でpovo2.0に乗り換える人が続出!

2022年5月13日、楽天モバイルは突然月1GBまで0円のプランを6月末で廃止、2022年7月1日からは新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入すると発表した。

しかも、既存ユーザーは全員強制的に新プランに移行されてしまうため、最低でも月額1,078円を支払う必要が出てきた。これにより、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したり他社へ乗り換える騒ぎとなったのである。

とくに、基本料0円で運用可能な「povo2.0」に乗り換え申し込みが殺到し、一時的に本人確認作業やSIMカードの発送が遅れるといった事態に。povo2.0への乗り換えについてはこちらの記事が参考になるだろう。

筆者もさっそくpovo2.0にMNPで乗り換えたばかりだが、乗り換えた後になってひとつだけ気になったことがあった。それは、楽天モバイルの「Rakuten Link」による電話のかけ放題が使えなくなったことである。

●楽天モバイル(公式)→こちら

Rakuten UN-LIMIT VII(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

2022年7月から月3GBまで月額1,078円が最低利用料金となった楽天モバイルだが、月1GBまでなら10月までは実質無料で利用できる(画像は「楽天モバイル」公式サイトより転載)

楽天モバイル ご利用中なら、ご契約中楽天市場でのポイントが、+1倍!

●povo2.0(公式)→こちら

povo2.0(Image:povo.jp)

基本料0円でトッピングを追加する方式のpovo2.0。ただし、180日に1回は何かしらのトッピングを購入するか、660円以上の支払いがないと契約解除される場合がある(画像は「povo」公式サイトより転載)

「楽天モバイル」から「povo2.0」に乗り換えないほうがいい人の条件とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidaupovo2.0Rakuten UN-LIMIT VII楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。