スマホ契約シェアTOPはドコモ36.3%! au27.1%、ソフトバンク21.1%、楽天モバイル2.4%【総務省発表】

現在、キャリア各社がユーザー確保にしのぎを削る、スマートフォンの契約シェア争い。この1年ほどでも、政府の要請を受けて各社が提示した「新プラン」でより魅力的なプランを競い合っていたことは記憶に新しい。そのようなシェア争いの結果を示す数字が、総務省から発表された。

今回は、スマホキャリア4社の現在の業界シェアとその推移、さらにはこれからの動向についても考えていきたい。

ドコモが業界最大手の座を堅守

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表

2017年頃と比較するとドコモの微減が続いていることがわかる(画像は総務省発表より引用)

総務省は6月17日、「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(令和3年度第4四半期(3月末))」を公表した。その中の「移動系通信の契約数における事業者別シェア」によれば、ドコモのシェアは36.3%(ドコモ系MVNOを含めると41.7%)、KDDIは27.1%(MVNO含め30.5%)、ソフトバンク21.1%(MVNO含め25.4%)、楽天モバイルは2.4%となった。

やはり業界最大手はドコモであり、2位のKDDIと10ポイント近い差をつけている断トツぶりだ。一方で、キャリア4社のうち最下位となった楽天モバイルは、2.4%と他キャリアとの差はまだ大きい。

しかし2021年3月の同調査では、楽天モバイルのシェアは1.5%であり、そこから四半期ごとの調査で1.9%→2.1%→2.2%と、着実に成長してきたうえでの今回の2.4%なのだ。ドコモ36.9%(2021年3月)→36.3%(2022年3月)、KDDI27.1%(2021年3月)→27.1%(2022年3月)、ソフトバンク21.1%(2021年3月)→21.1%(2022年3月)と、他キャリアがシェア率を下げるか現状維持に留まっている中での成長は見事と言ってもいいだろう。

スマホ契約シェアTOPはドコモ36.3%! au27.1%、ソフトバンク21.1%、楽天モバイル2.4%【総務省発表】のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidauスマホソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。