「キャッシュレス割り勘」25%が利用、利用率最多は“PayPay個別送金”と判明(ナビナビ調べ)

決済方法として利用率が高まっているキャッシュレス。さらに、割り勘をキャッシュレスで行う人を見かけることも増えたのではないだろうか。

今回ご紹介するのは、株式会社エイチームライフデザイン運営の「ナビナビ」による「キャッシュレス割り勘に関する意識調査」だ。全国の15歳以上の男女を対象に、2022年5月20日~21日の期間で645名から回答を得ている。

割り勘の方法はメインの決済手段と相互関係にあり

メインにしている決済手段は?

スマホ決済はまだまだ普及したとは言えない状況のようだ.。(画像:「ナビナビ」リリースより引用)

まず、「メインで利用している決済手段はなんですか?」という質問では、40.5%の「クレジットカード」が最多。そして「現金」36.3%、「スマホ決済」16.9%と続いた。「スマホ決済」は、クレジットカードや現金と比べると半分以下の結果となったのは、少し意外だったかも。

キャッシュレス割り勘したことある?

(画像:「ナビナビ」リリースより引用)

続いて「代表者(まとめて支払ってくれる人)に割り勘をした金額を渡す際、キャッシュレスを利用したことがありますか?」という質問では、25.4%の人が「はい」と回答。スマホ決済率が低かったことからすると、スマホ決済ユーザーの中では、キャッシュレス割り勘を利用したことがある人の割合は高いことが推察できる。

キャッシュレス割り勘した理由は?

(画像:「ナビナビ」リリースより引用)

また、「はい」と回答した人がキャッシュレス割り勘を利用した理由は、「支払いまでの流れをスムーズにしたかったから」が45.1%で最多。以降は「計算する手間を省きたかったから」33.5%、「メインの決済手段がキャッシュレス決済だから」11.6%と続いた。普段からキャッシュレス決済をしている人は小銭を持ち歩かないため、いざ割り勘となったときにも、キャッシュレス決済を選択するのが自然な流れと言えそうだ。

キャッシュレス割り勘しなかった理由は?

(画像:「ナビナビ」リリースより引用)

一方で、「割り勘でキャッシュレス決済を利用したことがない」という74.6%の人々は、なぜ、キャッシュレス割り勘を利用しないのだろうか。その理由で最も多かったのは「メインの決済手段が現金だったから」47.0%。そして「送金方法や支払い方法がよくわからなかったから」33.7%、「利用中のキャッシュレス決済が未対応だったから」9.6%と続いた。普段から現金を利用する人は、キャッシュレス決済そのものに苦手意識があるのかもしれない。

「キャッシュレス割り勘」25%が利用、利用率最多は“PayPay個別送金”と判明(ナビナビ調べ)のページです。オトナライフは、【マネーd払いLINE payPayPayQRコード決済楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。