「楽天ペイ」と「PayPay」は結局どっちが得か? メリットとデメリットを比較

スマホ決済アプリといえば加入者数No.1の「PayPay」や、総合満足度No.1の「楽天ペイ」(MMD研究所調べ)を思い浮かべる人が多いだろう。どちらも使える店舗が多いので使いやすいが、果たしてどっちがお得なのだろうか? そこで今回は「PayPay」と「楽天ペイ」のメリットとデメリットを調査して、どっちがお得なのか検証してみたいと思う。

数字で見る「PayPay」と「楽天ペイ」の特徴とは?

アナタはスマホ決済アプリに何を使っているだろうか? 現在、スマホ決済アプリ加入者数で断トツのトップをキープしているのが、2022年4月時点で4,700万人を突破した「PayPay」だ。PayPayが使える加盟店数も366万カ所以上(2022年3月時点)に達している。

PayPayの登録者数(Image:about.paypay.ne.jp)

PayPayの登録者数は2022年4月時点で4,700万人、加盟店数は全国366万カ所を超えており、とにかくリアル店舗での利便性が高いのが特徴(画像はPayPay公式サイトより転載)

これに対し、MMD研究所による「QRコード決済の満足度(2022年1月)」調査では、楽天ペイが総合満足度で1位を獲得している。

実は、楽天ペイの加入者数は非公開だが、利用できる店舗数は500万カ所を超えている(2020年11月時点)。また、楽天グループのクレカ「楽天カード」は2021年12月時点で2,500万枚を突破、楽天会員のID数は2021年12月時点でなんと1億を超えているのだ。

というわけで、数字で見る限りPayPayと楽天ペイは甲乙つけがたいスマホ決済アプリの両横綱だと言えるだろう。きっとアナタもこのどちらか、あるいは両方のスマホ決済アプリを利用していると思う。

そこで今回は、PayPayと楽天ペイのメリットとデメリットを比較することで、どちらがお得なのか検証してみたいと思う。果たして、本当にお得なのはどっちなのだろうか?

QRコード決済の満足度調査(2022年1月)MMD研究所調べ

MMD研究所の調査では総合満足度で、PayPayをおさえて「楽天ペイ」が1位を獲得している(「MMD研究所」調べ)

出典元:MMD研究所「QRコード決済6サービスの総合満足度1位は「楽天ペイ」」→こちら

PayPayにはどんなメリットがある?

PayPayはソフトバンク&Yahoo!JAPANグループのスマホ決済アプリだ。とくにポイント還元キャンペーンの「ペイペイジャンボ」を含む「超ペイペイ祭」などが頻繁に実施されていることや、普段から5〜20%ポイント還元される「ペイペイクーポン」などが利用できるのがお得。

ペイペイポイント還元キャンペーン(Image:paypay.ne.jp)

ペイペイでは支払い額の最大100%が還元される「ペイペイジャンボ」などが頻繁に実施されている(写真は2022年5月実施のペイペイジャンボ)

また、スマホ決済アプリのなかではPayPayが利用できるお店はかなり多く、地方の個人商店レベルでも使えるお店が多い。実はこれがPayPayが普及している要因になっているかもしれない。

PayPay STEPでPayPayは最大1.5%還元! PayPayモールでは最大20.5%も還元される

PayPayには「PayPay STEP」というランク制度があり、ランクアップするとPayPayの利用で0.5〜1.5%がポイント還元され、1pt=1円として街のお店やネットショップなどで利用可能だ。

PayPay STEPではPayPayだけでなく、PayPayモールで最大20.5%、Yahoo!ショッピングで最大18.5%もポイント還元されるほか、フリマアプリ「ヤフオク!」でも利用可能となっている。詳しくはこちらの記事で確認してほしい。

PayPayモール、Yahoo!ショッピング(Image:topics.shopping.yahoo.co.jp)

PayPay STEPではPayPayの支払いによるポイント還元だけでなく、PayPayモールで最大20.5%、Yahoo!ショッピングで最大18.5%もポイント還元が受けられる

ちなみに、最近のビッグニュースは、AmazonでもPayPay残高による支払いが可能になったこと。楽天ペイは楽天市場とのシナジー効果が非常に大きいが、PayPayが楽天のライバルAmazonで使えるようになったのは非常に大きいだろう。

AmazonでPayPayを使えるようにする設定については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてほしい。

ソフトバンク、Yahoo!JAPAN、PayPayのサービスは「PayPay」に一本化されつつある

PayPayでは、2022年4月からはもらえるポイントの名称を「PayPayボーナス」から「PayPayポイント」に変更しており、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」「ヤフオク!」「PayPayフリマ」など、Yahoo! JAPAN関連サービスにおけるキャンペーンなどで付与される特典ポイントは「PayPayポイント」に一本化される予定だ。

このPayPayポイントには利用期限がないので、特典ポイントの有効期限が数カ月しかないことが多い楽天ポイントに比べると、PayPayのほうがポイントを貯めやすいだろう。

●PayPayポイント(公式)→こちら

なお、ソフトバンク&Yahoo!JAPANグループでは、知名度の高い「PayPay」を前面に押し出す政策を取っており、買収した証券会社や銀行にPayPayの名を冠し、徐々にPayPayのマネーサービス再編を加速させている。

たとえば、PayPay公式クレカを「ヤフーカード」から「PayPayカード」に移行し、現在では「PayPay残高」にチャージしなくてもPayPayに登録したPayPayカードで直接決済できる「PayPayあと払い」が利用できるようになっている。

PayPay&ソフトバンク経済圏については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてもらいたい。

PayPayあと払い(Image:paypay.ne.jp)

「PayPayあと払い」では2022年6月30日までのキャンペーンで、最大+1%加算されるため、PayPay STEPで1.5%になっている人は最大2.5%還元される

楽天ペイにはどんなメリットがある?

楽天のスマホ決済アプリが「楽天ペイ」だ。楽天ペイは登録した公式クレカ「楽天カード」「楽天キャッシュ」「楽天銀行」などで支払うことができる。

楽天ペイにはPayPay STEPのようなランク制度はなく、楽天カードで残高チャージすると0.5%還元、楽天ペイの支払いで1%還元されるので、誰でも簡単に1.5%還元が受けられるのが大きなメリット。

もちろん、楽天ポイントはそのまま楽天ペイや楽天ポイントカードでも1pt=1円として利用できるようになっている。

楽天ペイの還元率一覧(Image:pay.rakuten.co.jp)

楽天ペイでは楽天カードから残高チャージすると0.5%還元、その残高で支払うと1%還元されるので、誰でも簡単に1.5%還元を受けられるのが大きなメリット

楽天ペイなら誰でも3重取りで最大2.5%を獲得できる!

楽天ペイで決済するときは、楽天ポイント加盟店で会計前に楽天カードを提示すると最大1%還元される。つまり、楽天ペイの決済と合わせて最大2.5%も還元されるのだ。楽天ポイントで3重取りする方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてほしい。

楽天ポイントカード加盟店の場合の還元率(Image:pay.rakuten.co.jp)

楽天ポイント加盟店では最大1%還元されるので、楽天ペイの1.5%と合わせると、誰でも最大2.5%も還元される手軽さが特徴だ

楽天ペイは楽天市場との連携がお得! 楽天SPUでポイントが最大14倍にアップ!

楽天といえば、ECサイト「楽天市場」を中心に発展してきたのは皆さんご存じだろう。楽天市場は楽天グループのさまざまなサービスを利用することでポイント倍率がアップする「楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)」が適用され、買い物でもらえるポイントが最大14倍になる。

もちろん、楽天グループのサービスならどこでも楽天ポイントを獲得したり使ったりできるのが最大のメリットだ。楽天SPUの活用方法についてはこちらの記事を確認してほしい。

楽天SPU(Image:event.rakuten.co.jp)

楽天SPUは、楽天のサービスを利用するごとにポイント付与倍率がアップしていき最大14倍になる仕組み。楽天会員で+1倍、楽天カード払いで+1倍(プレミアムカードは3倍)、楽天モバイル加入で+1倍などとなっている

●楽天SPU(公式)→こちら

楽天グループには電子マネーの「楽天Edy」もあるほか、モバイルSuicaと連携してSuicaへのチャージも可能となっている。楽天Suicaの利用方法についてはこちらの記事が参考になるだろう。

「楽天ペイ」と「PayPay」は結局どっちが得か? メリットとデメリットを比較のページです。オトナライフは、【マネーPayPayPayPayの使い方QRコード決済楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。