マイナポイント第2弾、楽天カード・楽天ペイでも6月30日申し込みスタート!

2022年6月30日から、マイナポイント第2弾のポイント受取申し込みが始まる。マイナポイントは多くのキャッシュレス決済サービスへ付与できる。選べる幅が広いため、どの決済サービスにするべきか悩む方も多いのでは。

そのような方におすすめの一つが、楽天経済圏の「楽天カード」または「楽天ペイ」で受け取る方法だ。すでにキャッシュレス決済をしている方もそうでない方にも進めたいおすすめの理由と申請方法について紹介する。

楽天カード・楽天ペイを選択する際、事前に準備すべきものは?

マイナンバーカードを作ったけど、第1弾に間に合わなかったという人でも大丈夫!(画像は「楽天ペイメント株式会社」プレスリリースより引用)

マイナポイントの申し込み時に「楽天カード」「楽天ペイ」を選択すれば、選択したサービスで買い物をすることで25%のマイナポイント事業のポイント付与が行われ、2万円利用すれば上限となる5,000円分の楽天ポイントを受け取ることができる。

まずは楽天カード・楽天ペイで申し込む際には、以下の3つを用意していただきたい。

まず1つ目はキャンペーン参加に必須となる「マイナンバーカード」だ。加えてマイナンバーカード申請時または受取り時に設定した4桁のパスワードも思い出しておこう。続いて2つ目は「楽天カードまたは楽天ペイのアプリ」。スマートフォンなどのデバイスにインストールすればOKだ。そして3つ目が「マイナポイントアプリ」となり、こちらもインストールを完了させておく必要がある。詳しくはこちらの記事で確認して欲しい。

そしてマイナポイントアプリと選択したサービスのアプリ双方を操作し、申込みを完了させれば、決済額に合わせたマイナポイント事業のポイント付与を受けることが可能となる。

楽天経済圏で最大1万5,000円分の楽天ポイントをゲットする魅力

「楽天カード」「楽天ペイ」のマイナポイント概要

ポイント付与は子ども対象。もし4人家族なら8万円分ゲットできる!(画像は「楽天ペイメント株式会社」プレスリリースより引用)

そして6月30日から始まる「健康保険証&公金受取口座」のキャンペーンは、第一弾参加者も対象となる。こちらも「マイナンバーカード」「楽天カードまたは楽天ペイのアプリ」「マイナポイントアプリ」が必要だが、申込みだけで完了となるため比較的手軽と言えるだろう。

健康保険証への利用申込みをすると7,500円分、公金受取口座の登録を行った場合も7,500円分がもらえるため、2つ合わせて15,000円分のポイントを受け取ることができるのだ。

楽天ポイントの魅力のひとつは、ポイント支払いでも再び楽天ポイントが付与されることだろう。最大2万円分が付与されたとなれば、1%換算でも200円分上乗せでもらえるようなものなのだ。

よりお得にポイントがゲットできるこの機会、逃さないようしっかり準備しておこう。

●総務省「~マイナポイント第2弾を開始しました~」→こちら
●マイナポイントは楽天カードがおすすめ!【楽天カード
●マイナポイントで最大20,000ポイントもらえる!【楽天ペイアプリ

※サムネイル画像は(Image:​「楽天ペイアプリ」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

マイナポイント第2弾、楽天カード・楽天ペイでも6月30日申し込みスタート!のページです。オトナライフは、【マネーマイナポイントマイナポイントのもらい方楽天カード楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。