モバイル型Wi-Fi利用者の約33%が困っていることとは?(日本トレンドリサーチ調べ)

モバイル型Wi-Fiユーザーの33.7%が「データ容量オーバー」の経験あり

データ容量をオーバーさせてしまったことはある?

データ容量の確認に加え、持ち歩きできるようにバッテリーの充電にも注意が必要だ(​「日本トレンドリサーチ」「ホームルーター.com」調べ)

今回の調査で、データ容量の無制限プランを選んでいるのは約1割のみ、という結果をみても、気になるのはデータ容量のオーバーだろう。33.7%ものユーザーが、データ容量がオーバーした経験があると回答しているのもうなずける。容量オーバーの経験と合わせて、オーバーした際の対応策を答えた内容によれば「通信が遅いまま我慢した」「フリーのWi-Fiを使用」というユーザーの方が「追加でギガを買った」人より多いようだ。

それではデータ容量以外にも、モバイル型Wi-Fiを使用していて困ったことはあるのだろうか。

モバイル型Wi-Fiを使用していて困ることはある?

(​「日本トレンドリサーチ」「ホームルーター.com」調べ)

「困ったことがある」と回答したユーザーは30.1%だ。具体的には「つながりが悪くなることがある」「通信速度が極端に遅くなることがある」などが困ったことの筆頭に挙げられている。また、充電がなくなってしまうとつなげなくなってしまうため「充電が切れる」というのは、たしかに困る事例だろう。

モバイル型Wi-Fiというと、“持ち運び可能でネットができる端末”というイメージを持っていた方は、今回のアンケート結果で、意外にも家で使うユーザーが多いなど、新たな発見があった人も多いのではないだろうか。

自分のライフスタイルに合ったモバイル型Wi-Fiのプランを選ぶ際の参考にしてみてはいかがだろうか。

出典元: 【モバイル型Wi-Fi】使用している33.7%が「データ容量をオーバーしてしまったことがある」【日本トレンドリサーチ
●ホームルーター.comホームページは→こちら

※サムネイル画像(Image:Phuong D. Nguyen / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

モバイル型Wi-Fi利用者の約33%が困っていることとは?(日本トレンドリサーチ調べ)のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフWi-FiポケットWi-Fi】の最新ニュースをいち早くお届けします。