取引先相手に「LINEスタンプ」で返信するのはアリ?ナシ?【営業ハック調べ】

ビジネスシーンでさじ加減に悩むのが、SNSを使った顧客とのコミュニケーションだ。営業マネジメントコンサルティングを行う株式会社営業ハックは、196人の営業マンを対象に「お客様とのやりとりでLINEスタンプを使うか?」というアンケート調査を実施し、結果を公表した。

はたして、世の営業マンたちはどのような基準で判断しているのだろうか…?

スタンプは「自分発」で使う人が約6割!

スタンプは「自分発」で使う人が約6割!

仕事上のお客さん相手に、あなたはスタンプを使う? 使わない?(​「株式会社営業ハック」調べ)

まず「営業マンはお客様とのやりとりでスタンプを使うのか?(LINEとMessengerが対象)」という質問では、「関係性ができたと感じたら使う」がトップで32.8%を占めた。続いて2番目に多かった対応は「使わない」で28.9%。3番目が「相手が使ったら使う」の25%で、利用するか否かは顧客の態度に合わせるというもの。そして関係性などによらず「使う」と断言した強者が13.3%という結果になった。

スタンプの利用はカジュアルな印象を与えるためビジネスシーンでは避けられがちかと思いきや、「使う」「関係性ができたと感じたら使う」と答えた営業マンはあわせて7割以上を占め、むしろ自分発でスタンプを使っている人が多数派となった。営業という職種柄、形式に沿った丁寧な応対だけが正解ではなく、臨機応変に相手の懐に入る“攻め”の姿勢がスタンプの利用方法にも、表れているのかもしれない。

取引先相手に「LINEスタンプ」で返信するのはアリ?ナシ?【営業ハック調べ】のページです。オトナライフは、【SNSLINESNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。