楽天モバイル「0円」廃止でも乗り換えない派が6割! その理由は?【MMD研究所】

「楽天モバイル」は2022年6月末にデータ利用が月1GBまでなら利用料が0円になる「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止した。7月1日から最安で3GBの利用で1,078円(税込、以下同)の新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」がスタートする。

いわゆる「0円プラン」が廃止されると発表されてから、乗り換えるユーザーが増え、他社の手続きが遅延するほどの騒ぎとなったが、実際に乗り換えたのは3割ほどであることが判明。今回は乗り換えなかったユーザーに向けた利点について解説する。

乗り換える派は3割超だが、その逆は…

乗り換える派は3割超

楽天モバイルをメインとして利用しているユーザーの6割強は継続利用の意向だ(画像は「MMD研究所」より引用)

2022年6月30日、MMD研究所は18歳~69歳の男女25,000人を対象に行った「楽天モバイル0円廃止発表後の実態調査」の結果を発表した。そのなかで楽天モバイルをメインに利用している人は1,872人となった。

そのような楽天モバイルメインユーザーに「0円」廃止後の継続・他社乗り換え・解約意向について調査したところ「継続して利用する」は65.4%、「他の通信会社への乗り換えを検討している」は29.0%、「解約を検討している」は5.7%。と乗り換えない人が多いことがわかった。

実は、7月からスタートする楽天モバイルの新料金プランは「1GB以下の利用で0円」の枠が廃止され、最低料金が3GB以下1,078円となる。しかし、よく比較される3大キャリアの新プランやサブブランドなどのプランと比べても、利用料金は決して高くない。

たとえば、楽天モバイルからの流出が多かったとされる「povo2.0」は基本料金こそ無料だが、楽天モバイルと同じ条件のトッピング(オプション)は3GBで990円。楽天モバイルのような、独自アプリによる完全無料の電話かけ放題電話はない。それを考慮すると、通話をよく利用する人は「通話かけ放題1,650円」のトッピングを購入することになり、合計すると楽天モバイルの方が安くなるのだ。

楽天モバイル「0円」廃止でも乗り換えない派が6割! その理由は?【MMD研究所】のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidpovo2.0UQモバイル楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。