「Windows 10」と「Windows 11」の違いについて解説!

2021年の10月にWindows 11がリリースされたが、Windows 10との違いは一体何だろうか。Windows 10を利用しているユーザーからすれば、アップグレードするか迷うところだろう。そこで今回は、Windows 10とWindows 11の違いについて解説していく。

「Windows 10」と「Windows 11」の違い【Windows 11に追加された機能】

「Windows 10」と「Windows 11」の違い(Image:Ralf Liebhold / Shutterstock.com)

Microsoftから2021年の10月5日に、Windows 11がリリースされたが、Windows 10との違いは一体何だろうか。Windows 10を利用しているユーザーからすれば、Windows 11へアップグレードするか迷うところだろうが、両者の違いが分かれば、アップグレードをするかどうか決めることができる。そこでここでは、Windows 11に新たに追加された機能について解説していく。

【機能①】画面UIの変更

Windows 11に新たに追加された機能/変更点①は、画面UIの変更だ。画面UIとは、Windows 11の操作画面のことを指しており、Windows 10の画面UIと大きな違いがある。Windows 10の画面UIでは、スタートメニューが画面左下に表示されていたが、Windows11の画面UIでは画面左下のスタートメニューがなくなり、タスクバー中央にスタートボタンが配置されている。また、Windows 11の画面UIは、画面下部にあるタスクバーの中央にアプリなどのアイコンが集中して配置されているため、全体的にスッキリとした印象になっている。

【機能②】スナップ機能の追加

Windows 11に新たに追加された機能/変更点②は、スナップ機能の追加だ。スナップ機能とは、アプリのウィンドウを自由に配置/整列させることができる機能になっている。そして、アプリのウィンドウを左右・上下/左右と、いろいろなレイアウトで配置できるようになっているのだ。また、アプリのウィンドウをスナップした状態でカーソルを合わせると、アプリのレイアウトを表示することができる。

【機能③】Androidアプリの利用

Windows 11に新たに追加された機能/変更点③は、Androidアプリの利用ができることだ。Windows 10までは、Androidアプリをパソコン上で利用するためには、仮想マシンの構築などが必要だった。しかし、Windows 11からはパソコン上でAndroidアプリが利用できるようになった。

【機能④】Microsoft Teamsとの連携

Windows 11に新たに追加された機能/変更点④は、Microsoft Teamsとの連携ができることだ。Microsoft Teamsとは、Microsoftが提供しているチャットツールだ。Windows 11のタスクバーにはMicrosoft Teamsのチャットボタンがあり、クリックするだけで、すぐにMicrosoft Teamsを起動できるようになっている。

【機能⑤】タッチキーボードの進化

【機能⑤】タッチキーボードの進化

Windows 11に新たに追加された機能/変更点⑤は、タッチキーボードの進化だ。タッチキーボードとは、キーボードがないタブレット端末での文字入力や、マウスだけで文字入力する際に利用する画面上に表示されるキーボードのことである。Windows 11のタッチキーボードでは、「キーボードのサイズ変更」・「キーボードの色の変更」・「キーボードの背景の設定」などができるようになっている。

「Windows 10」と「Windows 11」の違い【Windows 11で使えなくなった機能】

Windows 11から新たに追加された機能もあるが、Windows 11にアップグレードすることによって使えなくなった/削除された機能もある。そこでここでは、Windows 11から使えなくなった/削除された機能について解説していく。

(Image:diy13 / Shutterstock.com)

【機能①】Internet Explorerの利用

Windows 11から使えなくなった/削除された機能①は、Internet Explorerの利用だ。Internet Explorerを利用しているユーザーは多いが、2022年6月15日でサポートは終了している。そのため、Windows 11ではInternet Explorerの利用はできないのだ。Windows 11で利用できるブラウザは、「Microsoft Edge」になっている。

【機能②】Cortana

Windows 11から使えなくなった/削除された機能②は、Cortanaだ。Cortanaは、Windows 10から利用できる機能になっており、Windowsを利用する上でのサポートをしてくれる機能になっている。しかし、Windows 11からは、パソコンを起動した際に自動で起動することはなく、タスクバーにも表示されていない。

【機能③】タスクバーの変更

Windows 11から使えなくなった/削除された機能③は、タスクバーの変更だ。Windows 10ではタスクバーの位置を自由に変更できていたが、Windows 11からは画面下部の中央に固定されているため、タスクバーの位置を変更することは一切できないのだ。

【機能④】タブレットモードの削除

Windows 11から使えなくなった/削除された機能④は、タブレットモードの削除だ。タブレットモードとは、キーボードやマウスを使うことなく、タッチパネル操作のみでパソコンを利用するものになっている。しかし、Windows 11ではタブレットモードが削除されているため、利用することはできない。

【機能⑤】Skype

【機能⑤】Skype(Image:Roberto Ricca / Shutterstock.com)

Windows 11から使えなくなった/削除された機能⑤は、Skypeだ。Windows 10から、Windows 11へアップグレードした場合、そのままSkypeを利用できる。しかし、Windows 11を新たに購入した場合や、クリーンインストールした場合は、Skypeがインストールされていないため利用できない。よって、Skypeを利用するためには、Microsoft StoreからSkypeを別途ダウンロードする必要があるのだ。

「Windows 10」と「Windows 11」の違いについて解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方Windows 11Windows 11の使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。