クレカは楽天、QRコード決済はPayPayしか勝たん【エレビスタ調べ】

ここ数年で一気に世の中に浸透した「ポイ活」。楽天グループやソフトバンク(PayPay)グループなど各社が共通ポイントを軸に、経済圏を作り、多くのユーザーがお得にポイントを貯めるため経済圏のサービスを活用している。

今回は、クレジットカードユーザーがどのような経済圏を活用しているかについての調査結果をご紹介していきたい。

29%の人が楽天カードを持っていると回答

セレクトメディア「CHOOSENER+」を運営するエレビスタは7月13日、10~69歳以下のクレジットカードユーザー1,000人を対象に実施したWebアンケート調査の結果を公開した。

持っているクレカは?

楽天カードが断トツだ(セレクトメディア「CHOOSENER+」調べ)

それによれば「持っているクレジットカード」で、最も多かったのは「楽天カード」で29.01%の回答者が所持していた。2位は9.64%の「イオンカード」、3位7.42%で「JCB一般カード」というトップ3となり、楽天カードの断トツぶりが強調される結果となった。

貯めているポイントは?

楽天ポイントユーザーが圧倒的だった(セレクトメディア「CHOOSENER+」調べ)

そうした背景があってか、「メインで貯めているポイント」の質問でも、1位に輝いたのは「楽天ポイント」だった。支持率は49.9%とほぼ半数にのぼり、圧倒的な楽天経済圏の人気がうかがえる。そして2位には「dポイント」で12.4%、以下、3位「PayPayボーナス(PayPayポイント)」(9.5%)、4位「Tポイント」(8.5%)、5位「Pontaポイント」(5.3%)という結果となった。

もしかすると、調査対象がクレジットカードユーザーだったこともあって、「楽天カード」や「dカード」といった経済圏に直結したカードを持った回答者が多かったのかもしれない。

クレカは楽天、QRコード決済はPayPayしか勝たん【エレビスタ調べ】のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレスクレカ楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。